井筒俊彦翻訳コレクション<br> 老子道徳経

個数:

井筒俊彦翻訳コレクション
老子道徳経

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2017年10月22日 01時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 272p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766424157
  • NDC分類 124.22
  • Cコード C3310

目次

道経―第一章‐第三十七章
徳経―第三十八章‐第八十一章

著者紹介

井筒俊彦[イズツトシヒコ]
1914年、東京都生まれ。1949年、慶應義塾大学文学部で講義「言語学概論」を開始、他にもギリシャ語、ギリシャ哲学、ロシア文学などの授業を担当した。翻訳、英文処女著作Language and Magicなどを発表。1959年から海外に拠点を移しマギル大学やイラン王立哲学アカデミーで研究に従事、エラノス会議などで精力的に講演活動も行った。この時期は英文で研究書の執筆に専念し、1979年、日本に帰国してからは、日本語による著作や論文の執筆に勤しみ、代表作を発表した。93年、死去

古勝隆一[コガチリュウイチ]
京都大学人文科学研究所准教授。専攻は中国古典学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

▼井筒俊彦英文著作翻訳コレクションの第一弾。

▼『Lao tsu』(2001年)として歿後刊行された井筒俊彦による『老子道徳経』の英訳遺稿を日本語訳に翻訳する。

▼代表的英文著作Sufism and Taoismを中心に、井筒東洋哲学において特別な存在でありつづけた老子とその思想。老子哲学への井筒独自の神秘主義的な解釈が表われた英訳を忠実に日本語に翻訳。原文と訓読文を補い、訳者による解説、索引を附す。

▼老子その人と『道徳経』についてきわめて明快、簡潔に解説しつつ、独自の老子哲学観も提示する序文つき。
▼伝統的な『道徳経』解釈に向き合い忠実に言葉を選びながら、井筒は、語り手の老子を「永遠なる道」に同一化した人物と捉え、そこに流れる一貫した強力な思想を読みとる。これまでにない『老子道徳経』を読むことができる一冊。

「井筒俊彦英文著作翻訳コレクション」特設サイト
「井筒俊彦全集」特設サイト
「井筒俊彦」特設サイト

目次

序  老子と『道徳経』
道経(第一章 ―― 第三十七章)
徳経(第三十八章 ―― 第八十一章)

 訳者解説
 訳者あとがき
 索 引
著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
井筒 俊彦(いづつ としひこ)
 1914年、東京都生まれ。1949年、慶應義塾大学文学部で講義「言語学概論」を開始、他にもギリシャ語、ギリシャ哲学、ロシア文学などの授業を担当した。『アラビア思想史』『神秘哲学』や『コーラン』の翻訳、英文処女作Language and Magic などを発表。
 1959年から海外に拠点を移しマギル大学やイラン王立哲学アカデミーで研究に従事、エラノス会議などで精力的に講演活動を行った。この時期は英文で研究書の執筆に専念し、God and Man in the Koran, The Concept of Belief in Islamic Theology, Sufism and Taoism などを刊行。
 1979年、日本に帰国してからは、日本語による著作や論文の執筆に勤しみ、『イスラーム文化』『意識と本質』などの代表作を発表した。93年、死去。『井筒俊彦全集』(全12巻、別巻1、2013年-2016年)。

【訳者】
古勝 隆一(こがち りゅういち)
京都大学人文科学研究所准教授。専攻は中国古典学。代表著作に『中国中古の学術』(研文出版、2006年)など。