あなたは今、この文章を読んでいる。―パラフィクションの誕生

個数:
電子版価格 ¥2,200
  • 電書あり

あなたは今、この文章を読んでいる。―パラフィクションの誕生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月07日 15時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 289,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784766421620
  • NDC分類 901.3
  • Cコード C0090

出版社内容情報

本書は能動的行為を要求するプログラムを「パラ」を冠するフィクションとして名づけ、提言する。2010年代衝撃のフィクション論。

円城塔、伊藤計劃、筒井康隆、辻原登、舞城王太郎、ジョン・バース、コルタサル、ジーン・ウルフ――
メタフィクションの臨界点を突破する、2010年代のための衝撃のフィクション論。
 「フィクション」の「虚構性」を意識的に描き出そうとする、「メタフィクション」は、ゼロ年代に入り、ゲームとアニメ、インターネットの進化と連動しながら、あらゆるジャンルで著しい勃興を遂げた。しかし、世に氾濫する過剰な「メタ」は、或る重大な問題をはらんでいたのである。すなわち、フィクションが複雑化・階層化されるにつれ、物語の外部で操作する「作者」の絶対性は強化される、というパラドックスである。

 ところがゼロ年代後半から、「メタ」の限界を乗り越えるべく構想された作品群が登場しはじめる。それらのテクストには、「読者」に「読む」という能動的行為を要求するプログラムが内包されていた。
 本書では、そのプログラムを「近傍の/両側の/以外の/準じる/寄生する」という意味をもつ「パラ」を冠するフィクションとして名づけ、提言する。「読者」つまり「あなた」が読むたびに新たに生成されるフィクション、それが「パラフィクション」である。

プロローグ
   パラフィクションとは何か?
   「道化師の蝶」の選評をめぐって
   メタフィクションの「問題」
   メタリアル・フィクション再考

第1部 メタフィクションを超えて?
 1 「メタフィクション」とは何か?
   メタフィクションの定義いろいろ
   自意識のフィクションと、その外部
   メタフィクションの左旋回
   由良君美のメタフィクション論
 2 『虚人たち』再読
   虚構内存在とは誰か?
   平岡正明の『虚人たち』論
   渡部直己の『虚人たち』論
   『虚人たち』から『脱走と追跡のサンバ』へ
 3 辻原登の「虚人」たち
   人称と視点
   作者たちのレイヤー
   「虚構内人物」の「自覚」とは何か?
   遊動亭円木は虚構内人物である
 4 マリー=ロール・ライアンの(メタ)フィクション論
   「……ということにしましょう」
   AW―TAW―TRW
   虚構内存在としての作者と読者
 5 ジョン・バースから竹本健治へ
   「虚構内虚構」の幾つかのパターン
   ジョン・バースの「枠組物語」
   メタフィクションとしての『匣の中の失楽』
 6 「ゲーム的リアリズム」再考
   『九十九十九』の分裂?
   「現実」を肯定する?
   メタフィクションとしての「イキルキス」&「ビッチマグネット」
   「日本的メタフィクション」の起源?
 7 「メタフィクション」の何が問題なのか?
   『虚構内存在』の「虚構内存在」
   「作者」から「読者」へ

第2部 パラフィクションに向かって
 8 「あなたは読者である」
   二つの掌篇
   二人称小説とは何か?
   「爪と目」は二人称小説か?
 9 パラフィクションとは何か?
   「読者」の創出
   他者言及機関としての小説
   README
10 書く者と書かれる者/読む者と読まれる者
   「屍者」の帝国へ/から
   「わたし」の物語
11 パラフィクションとしての『屍者の帝国』
   ヒズ・ボーイ・フライデー
   フライデーとは誰か?
12 日本・現代・SF
   「雪風」的な世界
   「言葉使い師」の憂鬱

エピローグ
   あとがき
   参照文献
   作品名索引
   人名索引

【著者紹介】
佐々木 敦
1964年名古屋市生まれ。批評家、早稲田大学文学学術院教授、音楽レーベルHEADZ主宰。20年以上にわたり、音楽、文学、映画、演劇などの批評活動を行なう。著書に『即興の解体/懐胎』(青土社、2011年)、『未知との遭遇』(筑摩書房、2011年)、『批評時空間』(新潮社、2012年)、『シチュエーションズ』(文藝春秋、2013年)、『「4分33秒」論』(Pヴァイン、2014年)、『ex-music〈L〉ポスト・ロックの系譜』、『ex-music〈R〉テクノロジーと音楽』(共にアルテス、2014年)など多数。

内容説明

ゼロ年代後半から、「メタフィクション」の限界を乗り越えるべく構想された作品群が登場しはじめる。それらのテクストには、「読者」に「読む」という能動的行為を要求するプログラムが内包されていた。本書では、そのプログラムを「近傍の/両側の/以外の/準じる/寄生する」という意味をもつ「パラ」を冠するフィクションとして名づけ、提言する。「読者」つまり「あなた」が読むたびに新たに生成されるフィクション、それが「パラフィクション」である。

目次

第1部 メタフィクションを超えて?(「メタフィクション」とは何か?;『虚人たち』再読;辻原登の「虚人」たち;マリー=ロール,ライアンの(メタ)フィクション論
ジョン・バースから竹本健治へ
「ゲーム的リアリズム」再考
「メタフィクション」の何が問題なのか?)
第2部 パラフィクションに向かって(「あなたは読者である」;パラフィクションとは何か?;書く者と書かれる者/読む者と読まれる者;パラフィクションとしての『屍者の帝国』;日本・現代・SF)

著者等紹介

佐々木敦[ササキアツシ]
1964年名古屋市生まれ。批評家、早稲田大学文学学術院教授、音楽レーベルHEADZ主宰。20年以上にわたり、音楽、文学、映画、演劇などの批評活動を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件