オックスフォード ブリテン諸島の歴史〈2〉ポスト・ローマ

個数:

オックスフォード ブリテン諸島の歴史〈2〉ポスト・ローマ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 10時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 378,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784766416428
  • NDC分類 233
  • Cコード C3322

内容説明

イングランド一国史観を超えて、ブリテン諸島諸地域の構造的関係を視野に、政治、経済、社会、文化の変容を描く画期的通史。ローマ帝国撤退後、キリスト教が急速に拡大するポスト・ローマ期。本書第二巻では、ローマ帝国がブリテン島の支配を放棄し、アイルランドを含むブリテン諸島の民族・政治地図が大きく書き換えられていった五~八世紀末の時代を取り上げる。島嶼に存在していたあらゆるくにの民と王国、改宗のプロセス、芸術・文字文化の発展、文化と社会のあいだの相互作用について多角的に描く。

目次

第1章 王国と民を俯瞰する
第2章 社会、共同体、アイデンティティ
第3章 キリスト教への改宗
第4章 権威ある美術
第5章 ラテン語と現地語―二言語テキスト文化の創造
第6章 テキストと社会

著者等紹介

チャールズ=エドワーズ,トマス[チャールズエドワーズ,トマス][Charles‐Edwards,Thomas]
ケンブリッジ大学ジーザス・カレッジケルト学教授

鶴島博和[ツルシマヒロカズ]
FSA,FRHistrS.熊本大学教授

常見信代[ツネミノブヨ]
北海学園大学人文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。