オランダ医事刑法の展開―安楽死・妊娠中絶・臓器移植

個数:

オランダ医事刑法の展開―安楽死・妊娠中絶・臓器移植

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月20日 22時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784766415568
  • NDC分類 498.12
  • Cコード C3032

内容説明

安楽死、人工妊娠中絶、臓器移植。医事刑法における最先端の現状とは。緩和的鎮静、安楽死等審査法をはじめとした安楽死問題、人工妊娠中絶、重度障害胎児・新生児に関わる終末期の決定、そして臓器提供法など、オランダにおける医事刑法の最新の現状、議論、判例等を紹介しながら、今後の医事刑法の発展を探求する。

目次

第1章 オランダにおける安楽死論議の展開
第2章 オランダにおける緩和的鎮静と安楽死
第3章 オランダの要請に基づく生命終結および自殺幇助(審査手続)法採択から5年を経て
第4章 オランダにおける人工妊娠中絶
第5章 オランダ刑法における後期妊娠中絶
第6章 オランダにおける重度障害胎児および新生児に関する終末期の決定
第7章 オランダの臓器提供法に関する最近の展開

著者紹介

タック,ペーター[タック,ペーター][Tak,Peter J.P.]
オランダ、ラードバウド・ナイメーヘン大学法学部教授。1944年生まれ。法学博士(ティルブルグ大学)

甲斐克則[カイカツノリ]
早稲田大学大学院法務研究科教授。1954年生まれ。九州大学大学院法学研究科博士課程単位取得。法学博士。日本刑法学会理事。日本医事法学会理事。日本生命倫理学会理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)