イスラームの人権―法における神と人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 234,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784766411942
  • NDC分類 316.1
  • Cコード C1031

内容説明

イスラームにおける神と人、その関係のあり方を易しく説き起こし、西欧の人権思想や法思想との比較分析から、イスラームの人権論をわかりやすく紹介。イスラームにおける法的平等、経済的平等、政治的平等、自由といった問題を概説する中で、その理想と現実についても直視し、「人間であるというただそれだけの理由で尊重され付与される」というイスラーム人権思想の真髄を伝える貴重な試み。

目次

第1章 イスラームについて
第2章 イスラームにおける人間
第3章 イスラームにおける人権
第4章 イスラームの人権の理想と現実
第5章 神か人間か?
補論 法における人間、宗教における人間

著者等紹介

奥田敦[オクダアツシ]
1960年神奈川県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部教授、法学博士。1984年中央大学法学部卒業。1990年中央大学大学院法学研究科博士課程後期課程規定年限経過後退学。シリア国立アレッポ大学アラブ伝統科学研究所客員研究員(93~99年)、同大学学術交流日本センター主幹(95年~99年)、慶應義塾大学総合政策学部助教授(99年~05年)を経て2005年4月より現職。専門はイスラーム法。イスラームの教えを軸にして人間・社会・法・文化・ガバナンスにかかわる総合的研究のほか、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)を拠点にアラブ・イスラーム圏との実践的な相互理解を目指す地域研究・文化交流も積極的に展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。