• ポイントキャンペーン

G-SEC eyes
中国の空・日本の森

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784766410365
  • NDC分類 519.822
  • Cコード C0336

内容説明

アジアの大国・中国が経済成長を遂げれば、「空」からの越境汚染による酸性雨が、いずれ日本の「森」を衰退させるのではないか…。1980年代半ばに現在の中国の経済発展と環境問題を予見し、環境保全活動を始めた日本人研究者たちによる、活動の記録。日中協力のもと、環境保全計画「プログラム2025」の一環として行われた、東アジア大気測定網建設、四川省成都市児童の環境絵画コンクール実施などの多彩な活動を紹介し、今後の展望を示すとともに、現代の消費経済や人間の心のありかたにも言及する。

目次

1 中国環境四〇年戦略(プログラム2025―環境SDIの試み;環境と文化の問題;越境大気汚染 ほか)
2 見えない空気を見る(絵画の中の大気汚染;気球から見たロンドン;絵から大気汚染を再現 ほか)
3 中国における政府主体の環境教育と日中協力(中国の基礎環境教育;環境意識と日中協力の現場)

著者等紹介

橋本芳一[ハシモトヨシカズ]
1927年生まれ。慶応義塾大学工学部卒業。工学博士。現在、慶応義塾大学名誉教授

関根嘉香[セキネヨシカ]
1966年生まれ。慶応義塾大学大学院理工学研究科修士課程修了。理学博士。現在、東海大学理学部化学科助教授

王雪萍[オウセツヘイ]
1976年生まれ。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程在籍。現在、慶応義塾大学産業研究所特別研究員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。