時代(とき)のなかの歌舞伎―近代歌舞伎批評家論

個数:
電子版価格 ¥3,300
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

時代(とき)のなかの歌舞伎―近代歌舞伎批評家論

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年07月15日 08時43分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 299,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784766410112
  • NDC分類 774.26
  • Cコード C1074

内容説明

何故、批評を書くのか?歌舞伎において批評とは何か?そして、歌舞伎とは何か?新たな時代の状況の中で歌舞伎の意味を根底において考えようとした、明治の三木竹二から昭和の郡司正勝・戸板康二までを取り上げて、「人間」と舞台との関わりを、問い直す。

目次

劇評、時代をあらわすものとしての―何故、批評を書くのか?
団菊を知らない世代―三宅周太郎の位置
劇評の「近代」とは何か―三木竹二のしたこと
痴呆芸術論の行方―劇評家白鳥と劇通白鳥の間
エトランジェの問いかけるもの―小山内薫の焦立ち
「新歌舞伎劇」の行方―楠山正雄の苦笑
「ディレッタント」たちの光芒―小宮豊隆と木下杢太郎の撤退
歌舞伎美論の功罪―岸田劉生のアイロニイ
玄人の達人―鬼太郎の諧謔と青々園の常識
孤立する者の詩―折口信夫の傍観
アンファン・テリブルの見た幻―武智鉄二の詩と真実
さまざまなる意匠―その星座図
批評の根底―郡司正勝と戸板康二の発送と美学

著者等紹介

上村以和於[カミムライワオ]
本名・巌。1940年東京生まれ。慶応義塾大学文学部・大学院修士(英文)修了。77年より歌舞伎批評・評論活動を雑誌『演劇界』『劇評』を中心に行う。94年より『日本経済新聞』の劇評担当。94年、第28回関西文学賞(文芸評論部門)受賞。現在、山村学園短期大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。