Keio UP選書<br> 法と正義のイコノロジー

個数:

Keio UP選書
法と正義のイコノロジー

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年01月20日 13時34分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 317p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784766406566
  • NDC分類 704
  • Cコード C1370

内容説明

一見われわれの日常と関わりが薄く、近寄り難いイメージの「法と正義」。しかし、素晴らしい絵画を通してアプローチすれば、愉しく、身近なものになってくる。聖母のような正義の女神はなぜ目隠しをしたのか、ゴヤ、クリムトが時代の中で考えた正義とは。バリ島のビーマの大冒険譚。江戸庶民が鯰に託した正義の意味。最高裁に象徴される現代日本人の法意識…。本書は、古今東西の豊富な絵画を用い、法と正義の概念をイコノロジー(図像解釈学)の手法で平易に説いた、斬新な法文化論である。

目次

第1章 中世イタリア都市社会における「正義」のイメージ
第2章 目隠しされた正義の女神
第3章 ゴヤの正義
第4章 したたかなエディプスの反逆―グリタフ・クリムトの『法学』
第5章 クルタ・ゴサ旧裁判所天井画―ピーマ・スワルガに見るバリの正義観と救済思想
第6章 幕末維新期の錦絵―描かれた「法」と「正義」
第7章 法的象徴空間としての最高裁判所

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たな

2
正義の女神の目隠しはいつ頃定着したのか。彼女は何故天秤と剣を持っているのか。絵画を読む伝統のあった西洋絵画に描かれた正義や法のイメージ、バリ島で裁判所に用いられた建物に描かれた地獄と天国図の内容、日本の鯰絵や違式詿違条例の絵解き、そして最高裁をはじめとする裁判所などのモチーフは何を意味するのか、といったことの説明を通じて、法や正義を人々がどう理解したかを語らせている。執筆者により濃淡はあるが、概ね楽しめた。2014/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1821465

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。