オムツをはいたママ―母との愛と格闘の日々

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784766208351
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

内容説明

ずっと心に抱えていた闇を、今なぜここに記したか。人が「老いる」ということ、人が生きる意義、親子とは、家族とは何か?母の病と介護の体験を通して振り返ってみたかった。

目次

第1章 曇りガラスのような瞳で
第2章 血と絆
第3章 母と夫と娘たち
第4章 天使と悪魔
第5章 恐怖のヘルパー遍歴
第6章 疑問だらけの介護ビジネス
第7章 母への愛

著者等紹介

安藤和津[アンドウカズ]
東京生まれ。初等科から高校まで学習院に学ぶ。上智大学独文科卒業後、イギリスに留学。エッセイストやコメンテーターとしてテレビ番組に出演する傍ら、文部科学省、法務省等の審議委員も務める。二人の娘の母であり、夫君は俳優・映画監督の奥田瑛二氏
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。