メイキング・オブ・アサシンクリード―15年の軌跡

個数:

メイキング・オブ・アサシンクリード―15年の軌跡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月01日 05時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 240p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784766138269
  • NDC分類 797.9
  • Cコード C0076

内容説明

最新作「アサシンクリードミラージュ」までの舞台裏。制作秘話で辿る全13作。2007年より世界中に熱狂的なファンを獲得してきたステルスゲームの傑作『アサシンクリード』シリーズ。その15周年を祝し刊行された本書は、全13作品に命を吹き込んだスタッフたちに綿密なインタビューをおこない制作の裏舞台を解き明かす、ゲームの世界では珍しいパーフェクトなメイキング本だ。豊富なコンセプトアート、マーケティングアートとともに、エツィオ、エドワード・ケンウェイ、アルタイルをはじめとする印象的なアサシンたちと再会できるファン必携の書。また、15年間のゲーム界におけるテクノロジー変遷史としても貴重な資料である。

目次

第1章 許されぬことなどない
第2章 エツィオ3部作
第3章 ケンウェイの血脈
第4章 革命の時代
第5章 古代のアサシン
第6章 出発点への敬意を胸に
第7章 メディアをまたぐ展開

著者等紹介

朱鷺田祐介[トキタユウスケ]
TRPGデザイン/翻訳を主戦場とするフリーライター

岡和田晃[オカワダアキラ]
評論家・作家、東海大学講師。TRPG関連の翻訳・創作に関わる。文芸誌「ナイトランド・クォータリー」編集長。歴史コラムも書く

武藤陽生[ムトウヨウセイ]
ゲーム・出版翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Jagrass03

0
なかなかお値段が張りますが、シリーズ13作の裏話が予想以上の文量でぎっしり掲載されているので満足感はあります。ただあくまで開発の裏話で、ゲームの設定はそこまで詳述されていないため、後者を期待するならエッセンシャルガイドをオススメします。2023/10/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21595219
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。