バラの物語―いにしえから続く花の女王の運命

個数:

バラの物語―いにしえから続く花の女王の運命

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月02日 12時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 256p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784766135596
  • NDC分類 627.7
  • Cコード C0076

目次

第1章 科としてのバラ
第2章 いにしえのバラの物語
第3章 ギリシャのバラの物語
第4章 バラに魅入られたローマ人
第5章 宗教とバラ(西暦4‐1500年)
第6章 世俗のバラ(1350‐1650年頃)
第7章 立ち止まってバラの香りを嗅いでみよう(1650‐1789年)
第8章 ロマンティック・ローズ(1790‐1850年)
第9章 近代・現代文化の中のバラ(1851年以降)

著者等紹介

クキエルスキー,ピーター・E.[クキエルスキー,ピーターE.] [Kukielski,Peter E.]
ガーデンデザイナー。園芸家として高く評価され、2006年から14年まで、多数の受賞経験のあるニューヨーク植物園のペギー・ロックフェラー・ローズガーデンのキュレーターを務める

フィリップス,チャールズ[フィリップス,チャールズ] [Phillips,Charles]
著述家。『中世の城(The Medieval Castle)』(2018年)を含む35冊以上の著作がある

元木はるみ[モトキハルミ]
バラの文化と育成方法研究家。日本ローズライフコーディネーター協会代表。バラ歴30年。バラの歴史や文化、暮らしに活用する方法を、カルチャースクールやイベントをはじめ、さまざまなメディアで紹介している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

帽子を編みます

70
バラの歴史、伝説、逸話などが美しい図版、写真とともに紹介される本です。人間の歴史におけるバラの重要な役割をわかりやすく解説しています。姿形も美しい花ですが、その香りの美しさ。文章でも香りを表現しようと努めています。ローズウォーター、ローズオイルはバラの香り成分を留めおくための産物です。オスマン帝国でのバラ製品への偏愛には驚かされます。文学の中のバラ、シャーリイ・ジャクスン、フォークナー、乾いたバラに秘められた物事。パラパラとめくり美しい図版とエピソードを眺める、素敵な時間のお供にふさわしい本です。2022/04/01

ganesha

5
ニューヨーク植物園のキュレーターを務めたガーデンデザイナーによる、バラの多層的な歴史を紹介した一冊。ギリシャやローマとバラの関わりやロザリオについてなど、美しい写真や絵画を眺めながらなんとなく優雅な気分で読了。やっぱりマリ見てを思い出すな。2023/02/18

りゅりゅ

3
古代人のバラ愛にびっくり。バラで窒息って、本当にしたの? それとも誇大表現が文献に残っているだけ? 自分の中ではバラを他の花より特別に魅力的に感じることはないのだけれど、それだけにこの本を読むと女王の貫禄があって圧倒された。2022/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19174608
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。