シャーマン―霊的世界の探求者

個数:

シャーマン―霊的世界の探求者

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年02月26日 00時10分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 192p/高さ 25cm
  • 商品コード 9784766135435
  • NDC分類 163.9
  • Cコード C0076

内容説明

魔術師?悪魔のしもべ?神や死者と交信する?「シャーマンとは何者なのか」この問いに真っ向から答える!自然、精霊、向精神性物質、トランス、身心変容…シャーマンの世界があらわになっていく。

目次

第1部 シャーマンの地理学(中央・北アジア;シベリア;語義の翻訳 ほか)
第2部 シャーマンになるということ(召命、選別、イニシエーション;はじめに兆しがあった;異なる身体へ ほか)
付論 トランスと神経科学(変性意識状態;神経科学におけるトランス研究のはじまり;トランスは精神病? ほか)

著者等紹介

ボー,セバスチャン[ボー,セバスチャン] [Baud,S´ebastien]
人類学者。スイスのヌーシャテル大学民族学研究所、ペルーのリマにあるフランス・アンデス研究学院研究員。シャーマニズムや、中央アンデス高地やアマゾン河流域における不確実性管理の実践を専門とする。現在は、結集された知やその継承法についての研究を進め、人の構築過程とトランス、向精神性植物、ニュースピリチュアリティ、現実における経験への志向を扱っている。研究は学習対象として確立している

ソンブラン,コリーヌ[ソンブラン,コリーヌ] [Sombrun,Corine]
旅行作家。モンゴルのシャーマンからシャーマンと認められ、数年にわたり儀礼やトランスの訓練を受ける。モンゴルのシャーマンのトランスについての、最初の科学的研究の端緒を開いた一人。2007年以降、いくつもの研究に積極的に関わり、あらゆる人間の脳がトランスを実現できること、意志の力だけで到達できることを証明した。2019年、フランシス・トレル教授とトランス科学研究所を設立。この研究所は、現在、認知トランスと呼ばれるようになった潜在能力のメカニズム、医療応用を探る研究者たちの国際的ネットワークである。主な著書に、独立系出版社書籍賞の環境・エコロジー部門で受賞した『地球を救え Sauvez la plan`ete』などがある

島村一平[シマムライッペイ]
国立民族学博物館准教授。文化人類学専攻。博士(文学)。1993年早稲田大学法学部を卒業後、ドキュメンタリー番組制作会社に就職。取材で訪れたモンゴルに魅了され制作会社を退社、モンゴルへ留学。1998年モンゴル国立大学大学院修士課程修了。2003年総合研究大学院大学博士後期課程単位取得退学。国立民族学博物館講師(機関研究員)、滋賀県立大学准教授を経て現職。2011年ケンブリッジ大学社会人類学部客員研究員。特にモンゴルのシャーマニズムをナショナリズムやエスニシティとの関連から研究してきた。2013年度日本学術振興会賞、地域研究コンソーシアム賞、2014年度大同生命地域研究奨励賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

29
新刊コーナーから。ヨーロッパのシャーマニズム部分が一番未知の領域だったので面白かったです。文章にどこまで信ぴょう性があるのかわかりませんが、とにかく写真が素晴らしい。ヨーゼフ・ボイスをはじめ、芸術とシャーマニズムへの融合視点があるのは大変好みです。夫が食いついていました。2022/02/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19174756
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。