名前のないデザイン―世界の日常と社会を動かす思いがけないデザインの話

個数:

名前のないデザイン―世界の日常と社会を動かす思いがけないデザインの話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月29日 20時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 176p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784766133936
  • NDC分類 757
  • Cコード C0072

内容説明

流行のコンセプトや成功事例ばかりがメディアを流通する。しかし、日常生活や社会環境がその必要から生み出した工夫や営みにこそ、デザインが向き合うべき課題がある。現場から生まれる思いがけないクリエイティビティをテーマに世界各地の事例を伝え、高い国際的評価を得たデザインジャーナル『Works That Work』の主要記事を日本独自編集。「ガラパゴス」を越えて世界に再接続し、グローバルとローカルの狭間からデザインを考えるためのデザイン読本。

目次

第1章 技術と市場(世界を小さくした容れ物;ポータブルな境界線 ほか)
第2章 社会と日常(ダビドの塔:都市で生き抜くためのクリエイティビティ;偽造市場 ほか)
第3章 政治と環境(世界でもっとも新しい国のブランディング;ルワンダの反プラスチック戦争 ほか)
第4章 理念と倫理(祖国は全世界;世界を征服した靴職人 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

くさてる

14
デザインというからには、服とか家具の話かと思ったら全然違って、けれど面白かった。群衆を制御する柵や米軍兵士が外国で住民とのコミュニケーションに使用するイラストガイドや開発中止になった廃墟のビルに住み着く人々、大学卒業証書や免許書などの偽造文書市場などなど、世界各国、様々な時代、性別、社会階層での日常を動かす大きな意味でのまさに「デザイン」。知らなかったことがたくさんあって、読み応えある内容。写真も豊富で面白かったです。2020/10/03

iwtn_

2
Works That Work という、デザインジャーナルを総集編のようにして訳した本。17の記事といくつかの小さな記事があるがどれも示唆的で、全体を読み終わるのに時間がかかった。最初のコンテナの話は「コンテナ物語」で知っていたが、他の記事も同じくらい大事な話だった。意匠だけではなく、タイトルの通り名前のない様々な分野での、意図しない設計も取り上げている。偽造市場、建設が途中で止まった高層ビルに住む人々、世界パスポート、トマーシュ・バチャの靴産業から生まれた都市などが強く印象に残った。2020/06/14

Qfwfq

0
★4.52020/10/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15804341
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。