Cabin Porn Inside―小屋のなかへ

個数:

Cabin Porn Inside―小屋のなかへ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月06日 00時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4変判/ページ数 326p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784766133431
  • NDC分類 527
  • Cコード C0076

内容説明

ハンドメイドの小屋のなかをのぞいてほしい。シンプルで温かみのある部屋と、家づくりへのインスピレーションが見つかるはずだ。世界の選りすぐりの小屋85軒のこだわりの内装&ライフスタイルを紹介。

目次

コーンウォール地方の小屋―イギリス コーンウォール
ボートに乗った掘っ立て小屋―北米の川
人生を変える小屋―北海道 長沼町
ビーバーズの小屋―アメリカ カリフォルニア州サンタモニカ山地
ボシー・プロジェクト―スコットランド
伝統の小屋「トラガタ」
ギリシャ ケファロニア島
ヒルサイドの小屋―アメリカ サウスダコタ州キンボール
巨大な鳥の巣箱―ノルウェー ハデランド
カーサ・タイニー(小さな家)―メキシコ プエルト・エスコンディード
火の見櫓の小屋―アメリカ アイダホ州フェーンウッド

著者等紹介

クライン,ザック[クライン,ザック] [Klein,Zach]
場所を問わずあらゆる子どもたちにさまざまなスキルを教える世界的な活動をするDIY.orgの共同創立者。Vimeoの共同創立とデザインにも関わり、Dwell誌の顧問も務め、2009年に「Cabin Porn」のブログに最初の投稿をした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

30
うっとりする本です。とにかく紹介されるお住いの素敵なこと!キーワードは持続可能、無駄がない、といったところでしょうか。なるべく自然に負担をかけず、どのように生きていけるか…自分たち夫婦の考えていることでもあるので、このような生活は実は主流になってきているのではないか?今後何かの形でメインストリームになるのではないか?と話し合いました。…とにかく素敵。写真集代わりにうっとり眺めてます。2020/08/18

冬佳彰

18
小屋がブームだ、ってなことを聞いたことがある。本書は、「Cabin Porn」というオンラインプロジェクトで収集された小屋の写真集と言って良いだろう。山の中とか海岸にぽつんと建てられた小屋。ミニマムな内装がオシャレ。見ているだけで楽しい。良いなー、こういう小屋にひとりで住んでみたいなー。いやしかし、これを実現しようと思うと凄い体力が居るよね。土地、下水道、電気、ガスなどなど。日本のこの手の住居設備に対する法律がやたら細かくて厳しいって話も聞いたことがあるし。しかし良いなあ。2023/04/19

ターさん

4
『Cabin Porn』の続編である。素晴らしい建物を観ると、「小屋のなかはどうなっているのか?」と思ってしまう。その願望をかなえてくれるのがこの本である。夢と願望で建てたCabin は、どれも独創的外観を持つ。それは、それぞれの人生を語っている。しかし、共通点は周囲の自然と調和したシンプルさ。中のインテリアは必要最低限。別荘的な建物だけに、日常の生活を意識しなくて良いのだろう。お決まりは、なんと言っても薪ストーブ。私も家を建てる時欲しかったが、許されなかった。それにしても、摩訶不思議なタイトルである。2020/08/13

左近

2
本書はシリーズ第2弾。前作は外観が中心だったので、今度は内装をメインに据えた…となると、第1弾も読んで(鑑賞して?)みたくなる。自然の中で暮らすとか、自分で家を建てるとか、憧れるけど、潔癖症で面倒臭がりで、何よりも絶望的に不器用な自分には絶対に出来ない。だから、こういう写真集で雰囲気だけ味わい、満足させていただくばかり。ごちそうさまでした(何のこっちゃ)。2021/07/05

ラベンダー

1
小屋がほしくなります! 2022/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14691934
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。