水彩の描き方 これはどう描くの?―絵の魅力を引き出す17のノート

個数:

水彩の描き方 これはどう描くの?―絵の魅力を引き出す17のノート

  • ウェブストアに74冊在庫がございます。(2018年10月20日 03時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 103p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784766132083
  • NDC分類 724.4
  • Cコード C2371

目次

1 基本編―効果的な色の使い方と光のこと(にじみはどう使う?;明るい色と暗い色とくに暗い色;光の方向を気にする;背景のこと)
2 花と静物のためのノート(塗る順番*手順の考え方;光と空気を描く;複雑に見えるものを整理する;質感と明暗と筆のタッチ;かげ;作品*花と光)
3 風景のためのノート(塗る順番*手順の考え方;遠近を描く場合;キラキラした光を描く;絵になる風景を求めて;タッチと絵から受ける感じの違い;作品*スケッチや心象風景;自分の絵を“鑑賞する”ポイント)

著者等紹介

コヤマ大輔[コヤマダイスケ]
1976年埼玉県浦和市(現さいたま市)生まれ。2000年東京藝術大学絵画科日本画専攻卒。埼玉、千葉、東京、神奈川で個展、グループ展を開催。エル・ポエタ水彩教室、ヨークカルチャーセンター、カルチャーセンター、西新宿カルチャープラザ、白岡カルチャースクール、広尾アートアカデミー、クラブツーリズム水彩画講座等で講師をつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。