救急患者の診かた考え方―救急医療に携わる人のために (改訂3版)

個数:

救急患者の診かた考え方―救急医療に携わる人のために (改訂3版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 377p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784765315753
  • NDC分類 492.29
  • Cコード C3047

内容説明

ER、一般病棟、ICU、手術室、災害現場…さまざまなフィールドの経験と知を集約した本書は、医学生、初期研修医、コメディカル職種などの教科書としてはもちろん、ベテラン医師が知識を整理するのにも最適です。

目次

1章 蘇生、resuscitation
2章 救急医療の症候診断
3章 クリティカル・ケア
4章 代表的な致死的急性疾患
5章 外傷
6章 急性中毒、および類縁疾患
7章 環境障害、その他の外因性疾患
8章 プレホスピタル‐ケア
9章 災害医療
10章 救急医療における倫理と法律

著者等紹介

白川洋一[シラカワヨウイチ]
1947年生まれ。1972年、東京大学医学部卒業。大学病院で1年間の初期研修をうけ、さらに3年間、東京都立墨東病院において外科全般の修練を積んだ。その後、東京大学第一外科に入局し、故玉熊正悦博士(のちに防衛医科大学校教授)のもとで外科侵襲学を学んだ。1983年、開講してまもない香川医科大学麻酔・救急医学講座(小栗顕二教授)に移り、附属病院救急部講師、助教授をへて、1996年に愛媛大学医学部救急医学講座の初代教授に就任した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。