ソフトウェアの複合/構造化設計

ソフトウェアの複合/構造化設計

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 225p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784764900523
  • NDC分類 535.5

内容説明

プログラムの複雑さを減らす方法としての複合設計法を初めて紹介した名著『高信頼性ソフトウェア』に続いて、さらに詳しく研究したい方にお勧めする。本書では、プログラムの構造設計を行うときの評価尺度であるモジュール強度やモジュール結合度の定義を前著よりさらに厳密に行っており、また複合分析の方法も、前著で紹介した源泉・変換・吸収型分割のほか、トランザクション分割・共通機能分割・データ構造分割などについても解説してある。また事例問題もより実際的になっているので、複合設計を実地に適用したい方には必読の書である。

目次

プログラム設計の主眼点
定義と表記法
よい設計のための土台
モジュール強度
モジュール結合度
その他の設計目標
設計の思考過程
源泉・変換・吸収分割
トランザクション分割
共通機能分割〔ほか〕

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yasushi_tac

0
モジュール強度とか結合度の知見はこの本から得た。モジュール分割点の話は結局よくわからなかった。2010/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/381326
  • ご注意事項