脳の働きをまもるウォーキングのすすめ

個数:

脳の働きをまもるウォーキングのすすめ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 113p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784764415942
  • Cコード C3075

目次

1 歩ければ楽しく余生が送れる
2 なぜ、ウォーキングをすすめるのか?
3 転倒、そして、骨折を防ぐ仕組み
4 筋肉を見直す
5 2本のポールを持ってのノルディック・ウォーク
6 高齢者が陥る脳の不具合
7 浅いプールの中で歩く:水中ウォーキング
8 複雑化した社会に適応できない
9 ウォーキングは、がんの進行を抑えられるのか?
10 多様に実施されているウォーキングと問題点
11 魅力あるウォーキング・ルートを設定する

著者等紹介

宮下充正[ミヤシタミツマサ]
1936年生まれ。東京大学大学院修了。教育学博士。東京家政学院大学、名古屋大学、東京大学、東洋英和女学院大学、放送大学で勤務の後、東京大学名誉教授、首都医校校長。その間、東京大学教育学部長、日本学術会議15,16期会員、American College of Sports Medicineフェロー、International Society of Biomechanics名誉会員などを務める。教育・研究活動の他、(公財)日本水泳連盟理事・医科学委員長(現参与)、(公社)日本フィットネス協会会長(現顧問)、(一社)日本市民スポーツ連盟会長(現名誉会長)、(一社)日本ウオーキング協会元会長、(一社)全日本ノルディック・ウォーク連盟会長など、ボランティア活動に従事してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。