エルサルバドル内戦を生きて―愛と内乱、そして逃避行

個数:
  • ポイントキャンペーン

エルサルバドル内戦を生きて―愛と内乱、そして逃避行

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2023年12月11日 07時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 320p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784763420718
  • NDC分類 916
  • Cコード C0022

内容説明

日本が浮かれていた時代、私はひとり、愛だけを頼りに、銃弾の雨が降る国に飛び込んだ。生きづらさと共にあった祖国での日々を捨て、愛する男の国にやってきた元高校教師の日本人女性。街中に死体が転がり、次々と知り合いが消えていく地球の裏側で彼女が見たのは、「非日常という日常」だった―戦火の中で授かった一人娘を抱え、世界をさまよった一家が行きついた先とは?

目次

第1章 エルサルバドルへ
第2章 2つの文化のはざまで
第3章 内戦下の日常
第4章 激動の中での出産
第5章 内戦と疑似平和
第6章 エルサルバドル再び
第7章 純粋無垢のひと
第8章 エルサルバドル最後の日々
第9章 逃避行の果ての国

著者等紹介

エスコバル瑠璃子[エスコバルルリコ]
1941年東京都生まれ。1964年聖心女子大学外国語外国文学科卒業、1966年同大学院修了(国文学専攻)。文学修士。聖ヨゼフ学園高等学校、聖心女子学院(白金)高校国語教諭、啓明学園高等学校国語科教諭等を務めたのち、1976年にエルサルバドルに渡る。日本人補習校勤務等を経て、1984年帰国。帰国後は幼稚園英語講師、自宅にて英語サークル経営等に従事。油絵では二科会千葉支部同人、二科展本展入選3回、二科展千葉支部展賞4回千葉支部展同人となる(現在退会無所属)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。