沸騰するフランス―暴動・極右・学生デモ・ジダンの頭突き

個数:

沸騰するフランス―暴動・極右・学生デモ・ジダンの頭突き

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 291p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784763404787
  • NDC分類 312.35
  • Cコード C0036

内容説明

大国・フランスがいま大きく変わろうとしている。フランスはヨーロッパの頭脳と心臓だ。ナチスの悪夢から解放されて以来、フランスは欧州統合を先頭に立ち牽引してきた。フランスなくして欧州の未来もない。フランスの変化が分かれば、欧州の行き先を知ることができる。本書は、いま変動期にさしかかっているフランスの現状と背景の報告である。

目次

第1部 極右と暴動(極右=国民戦線;暴動事件の非は政府に―ルペン・インタビュー ほか)
第2部 欧州憲法否決の衝撃(欧州憲法否決で見えた移民・極右・欧州;欧州憲法拒否の立役者―ドヴィリエ・インタビュー)
第3部 次期フランス大統領は?(ニコラ=サルコジの危険な思想;女性大統領が誕生?―セゴレーヌ=ロワイヤル ほか)
第4部 フランス左派の発言(死刑廃止を断行―ミッテラン前大統領;人権活動家の語る「死刑・貧困・水飢饉・フランス暴動」―ダニエル=ミッテラン・インタビュー ほか)

著者等紹介

及川健二[オイカワケンジ]
1980年、東京都生まれ。ジャーナリスト、写真家。早稲田大学社会科学部卒業。土門拳賞を最年少受賞した写真家の今枝弘一氏の下で写真を学ぶ。現在、早稲田大学社会科学研究科・政策科学論修士課程・国際経営論コース在学中。月刊誌・週刊誌などでルポルタージュや、エッセイ、写真を発表。2004年7月3日から2006年3月25日までフランスに滞在し、フランス政治のキーパーソンにインタビューするとともに、欧州憲法国民投票、郊外暴動、初期雇用契約に反対する学生運動、同性愛事情などを体当たり取材。あわせて、リール政治学院・夏期特別選抜セミナーを修了、フランス国立パリ第九大学Dauphine修士課程で戦略的経営を学ぶ。ポット出版のサイトで『及川健二のパリ修行日記』と題するブログを連載している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。