不況を乗り切る5つの方策―いま、何をすべきか

個数:

不況を乗り切る5つの方策―いま、何をすべきか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 12時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 89p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784763199379
  • NDC分類 335.04
  • Cコード C0030

内容説明

いくら困っても、自分だけが生き残っていこうというのではなく、苦しい中をみんなで耐えていくのだ、助け合いながら耐えていくのだという生き方を、ぜひともしていただきたいのです。経営の“カリスマ”が説く、苦境をチャンスに変える処方箋。

目次

金融危機はなぜ起きたか(すべてはサブプライムローンから始まった;「ラクをして儲ける」方法がもたらした弊害)
まずはトップが心をあらためる(思いやりの心がなければ経営はできない;苦しいときこそ助け合いながら耐えていく)
オイルショックをどう乗り切ったか(受注が十分の一に落ちたときに下した決断;賃上げ凍結はどうして受け入れられたのか;社員全員が一丸となって会社を守っていく)
不況を乗り切る5つの方策(考え方を共有し、社内の融和・団結を図る;徹底した経費削減で高収益体質をつくる;トップが自ら動き、営業力を強化する;新製品・新商品の開発に力を入れる;知恵をしぼり切って創意工夫に務める)
必死の努力に神は手をさしのべる(一人ひとりが「誰にも負けない努力」をせよ;必死の努力は必ず報われる;人類が共存できる社会をつくるために)

著者等紹介

稲盛和夫[イナモリカズオ]
1932年、鹿児島生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。また、84年に第二電電(現・KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。1984年には稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。他に、若手経営者が集まる経営塾「稲和塾」の塾長として、経営者の育成にも心血を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。