認知行動療法における治療関係―セラピーを効果的に展開するための基本的態度と応答技術

個数:

認知行動療法における治療関係―セラピーを効果的に展開するための基本的態度と応答技術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年05月08日 17時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 342p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784762831317
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C3011

目次

1 認知行動療法における治療関係の基本構成要素(治療関係の構築:セラピストの特性と変容;治療同盟:協働関係構築と課題への対応 ほか)
2 特定の疾患や問題における治療関係(うつ病;全般不安症 ほか)
3 異なるクライエント集団における治療関係(若者への認知行動療法;高齢者 ほか)
4 支援方法の違いによる治療関係(グループCBT;カップルセラピー ほか)

著者等紹介

鈴木伸一[スズキシンイチ]
東京に生まれる。2000年早稲田大学人間科学研究科博士後期課程修了、博士(人間科学)取得。岡山県立大学保健福祉学部専任講師。2003年広島大学大学院心理臨床教育研究センター准教授。2007年早稲田大学人間科学学術院准教授。現在、早稲田大学人間科学学術院教授。この他、国立精神・神経医療研究センター客員研究員、国立がん研究センター客員研究員、ロンドン大学精神医学研究所(Institute of Psychiatry,Psychology&Neuroscience,King’s College London:IoPPN)客員研究員、日本学術会議連携会員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。