シリーズ心理学と仕事<br> 感覚・知覚心理学

個数:

シリーズ心理学と仕事
感覚・知覚心理学

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 232p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784762830426
  • NDC分類 141.2
  • Cコード C0311

目次

第1章 感覚・知覚心理学へのいざない
第2章 視覚心理学とロービジョン
第3章 錯視と仕事
第4章 聴覚と難聴
第5章 触/身体感覚とデザイン
第6章 嗅覚と化粧品
第7章 味覚と食
第8章 自己移動感覚とVR
第9章 感性と魅力的デザイン

著者等紹介

太田信夫[オオタノブオ]
1971年名古屋大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満了。現在、筑波大学名誉教授、東京福祉大学教授。教育学博士(名古屋大学)

行場次朗[ギョウバジロウ]
1981年東北大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得満了。現在、東北大学大学院文学研究科教授。博士(文学、東北大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

さまざまな学問において研究対象とされてきた感覚や知覚,感性の問題。心理学的側面から,生活の中での安全性や快適性,日用品や食品,またアートやエンターテインメント,さらには障害者の感覚機能の支援や加齢変化への適応的対応など,幅広い研究成果を紹介。種々の仕事に関して実践的に活用されている知見を詳説する。

◆◆◆主なもくじ◆◆◆

第1章 感覚・知覚心理学へのいざない

第2章 視覚心理学とロービジョン

  ◎現場の声1 感覚・知覚心理学をロービジョンサービスでいかす

第3章 錯視と仕事

  ◎現場の声2 トリックアート:心理学の参加型アートへの活用

第4章 聴覚と難聴

  ◎現場の声3 言語聴覚士によるコミュニケーション障害へのサポート

第5章 触/身体感覚とデザイン

  ◎現場の声4 フェイシャルエステ:触/身体感覚の最前線

第6章 嗅覚と化粧品

  ◎現場の声5 香りを創造するパフューマー

第7章 味覚と食

  ◎現場の声6 食品の官能評価と心理学

  ◎現場の声7 「文系」で心理学を学んだ私のキャリアパス

第8章 自己移動感覚とVR

  ◎現場の声8 ベクションの快感,美術作家としての個人的な体験から

第9章 感性と魅力的デザイン

  ◎現場の声9 感性に響く化粧品づくり

付録 さらに勉強するための推薦図書



◆◆◆シリーズ心理学と仕事 全20巻 ラインナップ紹介◆◆◆

 1感覚・知覚心理学/2神経・生理心理学/3認知心理学/4学習心理学/

 5発達心理学/6高齢者心理学/7教育・学校心理学/8臨床心理学/

 9知能・性格心理学/10社会心理学/11産業・組織心理学/12健康心理学/

 13スポーツ心理学/14福祉心理学/15障害者心理学/16司法・犯罪心理学/

 17環境心理学/18交通心理学/19音響・音楽心理学/20ICT・情報行動心理学



心理学を活かした仕事を目指す高校生・大学生・社会人,そして,

進路指導や心理学教育に携わる教育関係者に向けて,多彩な心理学ワールドを紹介。

実際に働く人々の「現場の声」も交えながら,シリーズ総勢 300名以上の執筆陣が,

心理学の今を伝える。

心理学って面白そう! どんな仕事で活かされている?



国家資格として「公認心理師」が定められ,

心理学と仕事とのつながりに関心が高まる中,シリーズ[全20巻]刊行開始!

目 次





監修のことば

はじめに



第1章 感覚・知覚心理学へのいざない

1節 感覚・知覚心理学とは何か:その背景と心理物理学的アプローチの始まり

2節 感覚・知覚心理学が貢献した心理学の基礎的理論

3節 感覚・知覚心理学が扱うテーマ

4節 感覚・知覚心理学における代表的手法と測定法

5節 感覚・知覚心理学の裾野の広い応用可能性



第2章 視覚心理学とロービジョン

1節 視覚と弱視について

2節 ロービジョンサービスの現場と感覚・知覚心理学の関係

◎現場の声1 感覚・知覚心理学をロービジョンサービスでいかす



第3章 錯視と仕事

1節 錯視のデザイン

2節 錯視と仕事

◎現場の声2 トリックアート:心理学の参加型アートへの活用



第4章 聴覚と難聴

1節 聴覚の役割と機能

2節 音の聴こえを正しく評価するには

◎現場の声3 言語聴覚士によるコミュニケーション障害へのサポート



第5章 触/身体感覚とデザイン

1節 触/身体感覚の心理学と感覚設計

2節 触/身体感覚の分類法

◎現場の声4 フェイシャルエステ:触/身体感覚の最前線



第6章 嗅覚と化粧品

1節 香りと化粧の心理学

2節 香りを測る・つくる

◎現場の声5 香りを創造するパフューマー



第7章 味覚と食

1節 味覚と味

2節 食品・飲料の官能評価

◎現場の声6 食品の官能評価と心理学

◎現場の声7 「文系」で心理学を学んだ私のキャリアパス



第8章 自己移動感覚とVR

1節 自己移動感覚とは何か

2節 測定法と具体的な研究例

◎現場の声8 ベクションの快感,美術作家としての個人的な体験から



第9章 感性と魅力的デザイン

1節 気持ちに訴えかけるデザインと心理学

2節 感性の測定法と仕事との関係

◎現場の声9 感性に響く化粧品づくり



付録 さらに勉強するための推薦図書

文献

人名索引

事項索引

太田 信夫[オオタ ノブオ]
監修

行場 次朗[ギョウバ ジロウ]
編集