子どもの側に立つ学校―生活教育に根ざした主体的・対話的で深い学びの実現

個数:

子どもの側に立つ学校―生活教育に根ざした主体的・対話的で深い学びの実現

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年02月26日 00時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 212p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784762829994
  • NDC分類 376.2
  • Cコード C1037

内容説明

育ってほしい子どもの姿を「自主」「連帯」「創造」「健康」の四つの側面でとらえ、カリキュラム編成の出発点とする。

目次

1章 「子どもの側に立つ教育」の創造と継承―野村芳兵衞から長良小学校へ
2章 「たくましさ」を培う教育の創造
3章 「たくましさ」を培う授業と学級経営
4章 自主性・連帯性・創造性・健康を育む「ひらがな活動」
5章 仲間づくりの生活としての授業―仲間とともに学び合うシステムをつくり出す
6章 「いぶき」活動と授業における学級づくり―言葉かけによる「自立する力」の育成
7章 「みずのわ」活動における学校づくり―異学年混合の児童会活動による「政治する力」の育成
8章 座談会1 野村芳兵衞先生の教育を語る会
9章 座談会2 子どもの可能性を信じ、独自な教育課程を創造する長良小学校
10章 教師インタビュー 同行する教師たち―日々の苦闘と飛躍

著者等紹介

山住勝広[ヤマズミカツヒロ]
1963年神戸市生まれ。関西大学文学部教授。博士(学術)(神戸大学)。専門は、教育方法学、活動理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。