60のケースから学ぶ認知行動療法

個数:
  • ポイントキャンペーン

60のケースから学ぶ認知行動療法

  • 坂野 雄二【監修】
  • 価格 ¥3,520(本体¥3,200)
  • 北大路書房(2012/12発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 160pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月14日 16時24分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 407p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784762827891
  • NDC分類 146.8
  • Cコード C3011

出版社内容情報

認知行動療法(CBT)の現在の進展状況を踏まえ,歴史的経緯から今後の展望についてまで押さえる。各領域(発達障害・特別支援,学校・教育相談,医療・精神疾患,身体疾患・心身症,司法・矯正,産業カウンセリング・健康支援,社会支援)における治療ケースを網羅的に収載。またCBTをめぐる諸理論についても解説を付す。

まえがき

第?T部 理論編
第1章 認知行動療法の歴史と今後の展望
第2章 認知行動療法をめぐる諸理論
    1 総 論
    2 応用行動分析
    3 臨床行動分析
    4 認知療法
    5 臨床社会心理学
    6 実験臨床心理学

第?U部 症例編
第3章 発達障害・療育・特別支援教育領域
    1 総 論
    2 自閉症
    3 アスペルガー障害
    4 学習障害
    5 療育支援
    6 ペアレントトレーニング
    7 地域コンサルテーション
    8 成人の発達障害へのSST
第4章 学校・教育相談領域
    1 総 論
    2 不登校予防
    3 学校カウンセリング
    4 不登校
    5 ひきこもり
    6 子どもの社交不安
    7 教員コンサルテーション
    8 集団SST
    9 学校支援
    10 学生相談
    11 キャリア支援
    12 遠隔支援の認知行動療法
第5章 医療領域・精神疾患
    1 総 論
    2 認知症・アルツハイマー型認知症
    3 器質性精神障害・高次脳機能障害
    4 物質関連障害・薬物依存
    5 統合失調症
    6 気分障害・治療抵抗性うつ病
    7 気分障害・老年期うつ病
    8 子どもの気分障害
    9 不安障害・恐怖症
    10 不安障害・パニック障害
    11 不安障害・社交不安障害
    12 不安障害・気分障害の併存
    13 不安障害・OCD
    14 不安障害・PTSD
    15 子どもの不安障害
    16 摂食障害
    17 パーソナリティ障害の認知行動療法
第6章 身体疾患と心身症
    1 総 論
    2 抑うつ・不安症状が強い生活習慣病患者
    3 心疾患
    4 腎疾患
    5 関節リウマチ
    6 がん・患者医療者コミュニケーション
    7 アトピー性皮膚炎
    8 緊張型頭痛
    9 舌痛症
    10 歯科心身症
    11 不眠症
    12 心因性頻尿
第7章 司法・矯正領域
    1 総 論
    2 反社会的行動
    3 病的ギャンブリング
    4 薬物依存
    5 触法精神障害者の再犯防止
    6 司法支援
第8章 産業カウンセリング・健康支援領域
    1 総 論
    2 うつ病の復職支援
    3 企業支援
    4 ストレスマネジメント
    5 女子大学における禁煙支援
第9章 社会支援領域
    1 総 論
    2 障害者就労支援
    3 統合失調症の集団CBT・社会復帰支援
    4 精神病に対するスティグマ
    5 災害とこころのケア
    6 育児支援
    7 保健所における精神保健福祉支援

目次

第1部 理論編(認知行動療法の歴史と今後の展望;認知行動療法をめぐる諸理論)
第2部 症例編(発達障害・療育・特別支援教育領域;学校・教育相談領域;医療領域・精神疾患;身体疾患と心身症;司法・矯正領域;産業カウンセリング・健康支援領域;社会支援領域)

著者等紹介

坂野雄二[サカノユウジ]
1951年大阪府に生まれる。1980年筑波大学大学院博士課程心理学研究科心理学専攻単位取得修了。千葉大学教育学部講師、同助教授、早稲田大学人間科学部助教授、同教授を経て、北海道医療大学心理科学部教授、教育学博士、Academy of Cognitive Therapy(米国)認定Cognitive Therapist、シニア産業カウンセラー、臨床心理士。日本行動療法学会(理事、前理事長)、日本行動医学会(名誉理事長)、日本自律訓練学会(理事)、日本ストレス学会(理事)、日本不安障害学会(理事)、日本心療内科学会(理事)他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

そら

2
幅広く浅く紹介。こうしてみると、CBTはかなり広い領域で適用されてるんだと思った。児童期の子やなかなか外在化が難しい子に対して工夫や丁寧にやっていくのが課題でもあり、専門家としての腕の見せ所なのかな。2014/08/09

ひろか

1
坂野先生の元で育った研究者・臨床家が、認知行動療法が適用できる領域について簡単に紹介。60事例。こう見ると、非常に幅広く、CBTが徐々にに定着していることがよくわかる。こういった本ができることも、CBTの魅力の1つ。2013/01/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5658129
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。