学習意欲をデザインする―ARCSモデルによるインストラクショナルデザイン

個数:

学習意欲をデザインする―ARCSモデルによるインストラクショナルデザイン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月14日 04時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 351p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784762827211
  • NDC分類 371.4
  • Cコード C3037

目次

学習意欲を研究するということ
学習意欲のデザインとは何か?
学習意欲をデザインするARCSモデル
注意を生み出し維持する作戦
関連性を確立し支援する作戦
自信を構築する作戦
満足感をもたらす作戦
学習意欲の問題を見つける
動機づけの目的と方策を練る
学習支援設計に組み入れる
学習意欲のデザイン支援ツール
学習意欲のデザインに関する研究と開発

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホシ

16
IDの代表的モデルの一つARCSのお勉強。ケラーは学習意欲に関する文献を対象としてクラスタリングを試みた結果、学習意欲に関する概念が注意(Attention)、関連性(Relevance)、自信(Confidence)、満足感(Satisfaction)の4つに分類されることを見出し、これの妥当性と有用性を示しました。1~7章までは理論、8~12章までは実践を扱います。内容は簡単ではありませんが、以前に読んだ『モチベーションの心理学』が役立った。11章の支援ツールは現場の教師にとってたいへん有用です!2022/07/08

Yoshie Kouda

2
授業のデザインばかりを学習していると、これは古いのか?これからの時代に必要なのか?必要ならば、電子教材でどの様に授業をデザインすればいいのかを考える必要がある。2016/06/09

Almond

0
読みにくいー。まとまってないー。でもこの分野における重要なテキストらしいので(T T)2013/05/04

すぐる

0
2011/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1269568
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。