科学の剣 哲学の魔法―対談 構造主義科学論から構造構成主義への継承

個数:
  • ポイントキャンペーン

科学の剣 哲学の魔法―対談 構造主義科学論から構造構成主義への継承

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年08月25日 10時30分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 261p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784762824937
  • NDC分類 404
  • Cコード C1010

内容説明

天才生物学者・池田清彦と新進気鋭の心理学者・西條剛央。二人の理論創造者が科学から哲学まで縦横無尽に語り尽くす。新理論体系化に至る経緯や、理論つくりのコツ、本の書き方の隠されたノウハウなどを惜しみなく語るユーモア溢れる対談本。

目次

構造主義科学論をつくる契機としての構造主義生物学
遺伝子における全体と部分の混同がなぜ起きたのか?
遺伝病の後天的治療法
異常はつくれても正常はつくれない
社会生物学における遺伝子共有率の矛盾
遺伝と環境再考
還元主義的方法の限界
科学主義と教育
人間の本質とは何か?
後付理論〔ほか〕