法と心理学会叢書<br> 生み出された物語―目撃証言・記憶の変容・冤罪に心理学はどこまで迫れるか

個数:

法と心理学会叢書
生み出された物語―目撃証言・記憶の変容・冤罪に心理学はどこまで迫れるか

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 219p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784762823183
  • NDC分類 327.014
  • Cコード C3011

目次

序 物語の始まり
第1部 生み出された物語(ある幼稚園のできごと;くいちがい)
第2部 物語を読み解く―認知心理学的現象として(タカちゃんはなぜ朝から来たのか;1人で出て行ったゴウくん;認知的枠組み理論で物語をどこまで読めるか)
第3部 物語を読み解く―コミュニケーション現象として(子どもたちの証言;切り刻まれる物語と、生み出される物語;かけひきの中の物語―聴取者会議;「事実」をめぐるディスコミュニケーション―3年後の子どもたち)
第4部 もう1つの物語の始まり(心理学と私たちの物語;「物語の始まり」への回帰―反―物語としての初期証言)
体験性・物語性・そして事実性―物語の終わりに

著者等紹介

山本登志哉[ヤマモトトシヤ]
共愛学園前橋国際大学助教授

脇中洋[ワキナカヒロシ]
花園大学助教授

斎藤憲一郎[サイトウケンイチロウ]
立命館大学非常勤講師

高岡昌子[タカオカマサコ]
奈良佐保短期大学講師

高木光太郎[タカギコウタロウ]
東京学芸大学助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。