心理学者、裁判と出会う―供述心理学のフィールド

個数:
  • ポイントキャンペーン

心理学者、裁判と出会う―供述心理学のフィールド

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 13時39分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 179p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784762822469
  • NDC分類 327.62

内容説明

供述心理学とは、司法システムのなかで事実認定に重要な役割を果たしている。自白や目撃証言といった供述に関するさまざまな問題に対し、心理学の立場から取り組む研究をさす。ただし、本書は、供述心理学に関する一般的・全般的な知識を提供するというより、むしろ、現在も進行している私たち心理学者の供述に対する知的探究の軌跡をしるすことに目的を定めた本である。著者たちがここでめざしている「知」は、現場の知であり、臨床の知である。著者たちはこれまで、取り調べ場面や法廷において被疑者・被告人、共犯者や目撃証人が尋問者とともに繰り広げてきた供述の問題について、心理学の視点から実践的な分析を試みてきた。

目次

第1部 供述心理学の誕生(記憶心理学者、裁判と出会う;日本の裁判システムについて)
第2部 供述心理学のフィールド(足利事件―「その人らしさ」を規定するもの;甲山事件―コミュニケーションの軌跡を追う;福井女子中学生殺人事件―たくみな供述者へのアプローチ;尼崎スナック狙撃事件―尋問をコントロールしていたのは誰か;いくつかの出会いの後で)

著者紹介

大橋靖史[オオハシヤスシ]
1961年静岡県に生まれる。1991年早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。現在、淑徳大学社会学部助教授。専門は法心理学、犯罪心理学、臨床心理学

森直久[モリナオヒサ]
1965年愛知県に生まれる。1994年筑波大学大学院博士課程心理学研究科単位取得退学。現在、札幌学院大学人文学部助教授。専門は社会認知心理学

高木光太郎[タカギコウタロウ]
1965年東京都に生まれる。1994年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京学芸大学国際教育センター助教授。専門は発達心理学、法心理学

松島恵介[マツシマケイスケ]
1968年千葉県に生まれる。1997年早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程修了。現在、龍谷大学社会学部助教授。専門は生態心理学、認知心理学、社会心理学