『チビクロさんぽ』の出版は是か非か―心理学者・学生による電子討論の記録

個数:

『チビクロさんぽ』の出版は是か非か―心理学者・学生による電子討論の記録

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 240p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784762821271
  • NDC分類 316.8
  • Cコード C3036

内容説明

児童文学の古典が、「チビクロさんぽ」として復活。主人公はチビクロという名の子犬。改作者は、「森まりも」氏こと心理学者の守一雄氏。しかし、…「心理学者がみな賛成というわけではない」と、電子メールを使った徹底討論が行われた。企画者は、東京大学教育学部の市川伸一氏。心理学者と学生を中心に賛否両論がとびかった。1か月間の激論を臨場感そのままに編集。読後コメンテーターとして、きたやまおさむ・中山千夏・日垣隆・灘本昌久の諸氏を迎え、巻末に寄稿コメントを収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

時雨

1
ちびくろサンボ関連の読書はこれでひとまず打ち止め。/心理学者・守 一雄氏の筆名による改作『チビクロさんぽ』をテーマに、東大「討論の心理学」ゼミのメーリングリストで1998年2月の約1ヶ月続いたディベートの模様を収録。議論にはゼミ生のほか他大学の有志、改作者の守氏本人や版元の担当編集・関氏も参加しているが、まあ議論の錯綜していること。注や用語解説が充実していて心理学の門外漢でも読みやすく、その後の応答も収録するなど親切な作りだが、内容は原作『サンボ』絶版の経緯などの予備知識を欠いた浅い議論が目立ち、残念。2021/01/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/146222

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。