ジェンダーで読む映画評/書評

個数:

ジェンダーで読む映画評/書評

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 228p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784762030369
  • NDC分類 367.2
  • Cコード C3036

目次

1 女性と社会福祉政策(映画評/町と自分の人生のために:女たちの挑戦を描く『フラガール』;書評/イエスタ・エスピン=アンデルセン著・大沢真理監訳『平等と効率の福祉革命:新しい女性の役割』;書評/上野千鶴子『ケアの社会学:当事者側催の福祉社会へ』;映画評/『スタンドアップ』が描く「働く女性の権利」;書評/レナ・ドミネリ著・須藤八千代訳『フェミニスト・ソーシャルワーク:福祉国家・グローバリゼーション・脱専門職主義』;書評/吉川真美子『ドメスティック・バイオレンスとジェンダー:適正手続きと被害者保護』)
2 アメリカの政策/大統領選挙をめぐる動向(映画評/『ドリームガールズ』が意味する「夢」について;映画評/『ミリオンダラー・ベイビー』に見るアメリカの光と影;書評/バーバラ・エーレンライク著・曽田和子訳『捨てられるホワイトカラー:格差社会アメリカで仕事を探すということ』;書 評/堤未果『沈みゆく大国:アメリカ』;映画評/アメリカの「島の貧困」を描いた『ウィンターズ・ボーン』;書評/J.D.ヴァンス著・関根光宏・山田文訳『ヒルビリー・エレジー:アメリカの繁栄から取り残された白人たち』;書評/エリザベス・ウォーレン著・大橋陽訳『この戦いはわたしたちの戦いだ:アメリカの中間層を救う闘争』;映画評/『ビリーブ:未来への大逆転』最高裁判事、ルース・ベイダー・ギンズバーグがたどった軌跡)
3 世界の趨勢と歴史から学ぶ(映画評/『かもめ食堂』に集う、普通の女たちの冒険物語;映画評/『ミレニアム:ドラゴン・タトゥーの女』に見る福祉国家スウェーデンの現実;映画評/『Shall we dance?』の日米比較;映画評/『隠された日記‐母たち、娘たち』女性解放運動がフランスにもたらしたもの;映画評/『オレンジと太陽』が描く、イギリスの児童移民政策を明らかにするソーシャルワーカーの戦い;映画評/『砂の器』ハンセン病をめぐる差別と排除の長い歴史;書評/ミシェル・オバマ著・長尾莉紗・柴田さとみ訳『マイ・ストーリー』)

著者等紹介

杉本貴代栄[スギモトキヨエ]
東京都生まれ。イリノイ大学シカゴ校マルチカルチュラル女性学研究所の研究員、長野県短期大学教養学科助教授を経て、1997年より金城学院大学現代文化学部コミュニティ福祉学科教授。2001年4月から、金城学院大学大学院文学研究科社学専攻併任教授。社会福祉学博士。専門は、社会福祉学、ジェンダー論。2015年3月末日に、同大学を定年退職。2015年4月から、女性の社会的活動を応援するNPO法人「ウイメンズ・ボイス」を設立し、理事長として活動に従事して現在に至っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。