「女らしさ」の社会学―ゴフマンの視角を通して

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 170p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784762011641
  • NDC分類 361
  • Cコード C3036

目次

序章 ゴフマン理論の意義
第1章 女の桎梏と歓び
第2章 ゴフマン理論の射程―儀礼論と行為論とのはざまで
第3章 「女らしさ」の戦略と罠―ゴフマンの分析視角から
第4章 ゴフマン理論に見る「構造」―「構造」と「主体」の関係性
終章 ジェンダー・スタディーズの再構築に向けて―ゴフマン理論からの旅立ち

著者等紹介

高橋裕子[タカハシユウコ]
博士(社会学)。立命館大学大学院社会学研究科博士課程修了。現在、立命館大学産業社会学部非常勤講師。専門は社会病理学、ジェンダー論
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。