学級経営の基盤を創る5つの観点と15の方策

個数:

学級経営の基盤を創る5つの観点と15の方策

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2021年01月21日 00時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 180p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784761926229
  • NDC分類 374.1
  • Cコード C3037

目次

1 学級崩壊の兆候と要因を取り除く(学級崩壊の要因を克服する対応;希薄な人間関係によるいじめの構造把握の対応;いじめ問題を意識した予防的人間関係の対応)
2 明るい学級環境の雰囲気を創る(教室環境整備・学級行事開催による雰囲気づくりの対応;認め合う雰囲気を創る学級ルールづくりの対応;内発的動機づけを高める学習の相互理解と学習ルールづくりの対応)
3 潜在的な子どもの心をとらえる(子どもの潜在的な不安心理をとらえる対応;SNS利用による潜在的な人間関係のゆがみへの対応;学校関係者の組織的な教育相談の対応)
4 生活集団活動を通じて社会関係力を高める(生活行動力を高める体験学習づくりの対応;社会関係力を高める遊び集団づくりの対応;自立を目指す社会的役割・責任感の育成の対応)
5 教師の協働的な関係力を見せる(教師集団の協働的・補完的雰囲気づくりの対応;教師による模範効果と子どもへの学級期待効果を高める対応;保護者・子どもとの情報交換と協働関係づくりの対応;人間関係の希薄化と学級経営の基盤を創る必要性)

著者等紹介

玉井康之[タマイヤスユキ]
北海道教育大学副学長・教育学博士。北海道教育大学釧路校教授・釧路校キャンパス長を経て現職。学会理事・教育委員会の審議会等も多数担う

川前あゆみ[カワマエアユミ]
北海道教育大学釧路校准教授・教育学博士。北海道教育大学大学院・北海道大学大学院博士課程を修了。香川短期大学講師・北海道教育大学講師を経て現職。現在北海道教育大学へき地・小規模校教育研究センター副センター長

楜澤実[クルミサワミノル]
北海道教育大学釧路校准教授。北海道教育大学釧路校卒業、兵庫教育大学大学院修士課程を修了。北海道教育委員会指導主事・公立小学校教頭・地方教育委員会指導室長・市教育研究所所長・公立小学校校長を経て現職。北海道教育大学へき地・小規模校教育研究センター委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。