フードスケープ - 図解食がつくる建築と風景

個数:

フードスケープ - 図解食がつくる建築と風景

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2024年04月21日 13時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 224p/高さ 15X21cm
  • 商品コード 9784761528683
  • NDC分類 614.7
  • Cコード C0052

出版社内容情報

地形と気候に応じた食がつくる建築と風景の図解集。カレマ村のワイン、アマルフィのレモン、小豆島の醤油、多気町の日本酒等、日本とイタリア16の食の生産現場を読み解く。蓄熱する石積みの段々畑、風を呼込む櫓、光や湿気を採り入れる窓等、自然のリズムとともにある食生産と人の暮らしを取り戻す為の建築の問いと手がかり

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

榊原 香織

62
イタリアと日本 建築家が文化人類学ぽい調査。 今度読む予定の”ナチスのキッチン”著者との対談もあった。 アマルフィのレモン、四郷の筆柿が魅力的2024/02/16

takao

3
ふむ2024/04/02

takakomama

3
フードスケープとは食の生産における、自然を資源として生かす建築の風景。イタリアと日本の例を紹介しています。トマトや柿が鈴なりの風景は壮観です。食物は自然の恵み。どんなに技術が発達しても食物そのものを作り出すことはできないし、材料を変化させる工程は不変の工程です。自然のリズムに合わせる農作業は大変ですが、地域の地形と気候に応じた伝統的なやり方が残ってほしいです。2024/03/08

ちや

3
建築に重点が置かれていて面白いが社会にまで話は進んでいるか?2023/12/06

Qfwfq

1
★4.52023/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21556034
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。