商店街さんぽ ビンテージなまち並み50

個数:

商店街さんぽ ビンテージなまち並み50

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月02日 22時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784761528133
  • NDC分類 672.1
  • Cコード C0052

出版社内容情報

店先看板の手書き文字、カラフルなアーケード、路地奥に佇む地元の名店。目を凝らし耳をすませば、普段着の通りに息づく唯一無二の味わいや個性が見えてくる。訪ね歩いた300以上の商店街から選りすぐりの50を紹介。貫禄ある老舗から若い才能が集うニューショップまで、混然一体となって醸しだす日常を心ゆくまで追体験しよう

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

fwhd8325

66
商店街は、その街の活気を判断するバロメーターだと思っています。このコロナ禍でどこも大きな影響を受けたと思います。さらに郊外に大型ショッピングセンターが誘致されたりすると、個人商店で成り立ってる商店街は大きなダメージとなります。この著書を見ていて、商店街はまさしく文化だと感じました。看板一つを見ても、企画の中にそれぞれの主張が込められています。なくなってほしくないです。2022/05/08

よこたん

47
学生服、生地屋、貸衣装、純喫茶、お好み焼き屋、ふわ〜んと焙じたお茶の匂い漂うお茶の店。商店街と聞けば思い浮かぶ景色がある。駅から高校までの道での憩いの場。今でもあるのだろうか。この本では、主に西日本の個性あふれる商店街を紹介。アーケード、店先の日よけテント、年季の入った看板。日が差し込む明るい通り、ほの暗くムーディーな通り。これで商売成り立つんやろうかと思うようなお店。大阪の鶴橋商店街は奥に入ってしまうと迷宮のよう。コリアと昭和な日本とが絶妙に同居。ここの乾物屋さんの干しエビと塩昆布はおいしくて好き。2022/08/04

ann

45
令和だけど昭和どっぷりに生きてる人々がいることを先ず実感。売る方も買う方も。ほとんどが東京以外の地方の初めて聞く名前の商店街。必ず見かけるものがファサードという名称なのを初めて知った。こんな風景を見て育った平成 令和生まれの若い世代が『いる』ことに少し安堵感。観光目的もいいけど、こんな商店街を巡るのも旅の醍醐味で好き。今は、私の落とす微々たる経済効果よりも、ウィルスを運ばない選択を選ばざるを得ないから、こんな本は嬉しいし、貴重。写真もたくさんだ楽しめました。2022/07/26

あじ

34
風が吹けばどこからか、キーキー軋む音が聞こえてくるよう。錆が浮いて色も褪せた商店街のアーチは、異界への編入口だ。無骨でありファンキーでもあり、一筋縄ではない貫禄を固持しているように見えるが……。令和の時代に現存しているのだ、艱難辛苦を舐めてきたのだろう。──柳ヶ瀬商店街はネオンを見に再訪しなければ。「太陽にほえろ!」を彷彿とさせる◯曲商店街は絶対だ。グーグルマップでも探せない、◯空商店街はどこ??本書は西日本を中心に紹介している。BGMや呼び込みはどんな感じなのか、第二弾があるならば言及して欲しい。2022/05/23

はな

24
渋い…今度旅行に行った時あえて行ってみたいと思いました。コンドーパンに一番惹かれてしまった‼️2023/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19374023
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。