サーキュラーエコノミー実践―オランダに探るビジネスモデル

個数:
電子版価格
¥2,640
  • 電書あり

サーキュラーエコノミー実践―オランダに探るビジネスモデル

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 256p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761527785
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0034

内容説明

デジタルテクノロジー、インフラ、建築、フード、アパレル等、官民一体で先進的サーキュラーエコノミーへ移行するオランダ。廃棄を出さない仕組みづくりは、経済効果創出・環境負荷軽減・リスク管理等を同時に達成する手法として世界の注目を集める。欧州5年間と国内での調査による日蘭17事例で見えてきた、大きなビジネスチャンス。

目次

1 サーキュラーエコノミーが切り拓く新時代(サーキュラーエコノミーとは?;ビジネスモデルの分類 ほか)
2 なぜオランダが世界から注目されるのか?(オランダ政府とアムステルダム市の政策;オランダのビジネスマインド ほか)
3 オランダの実践(インストック(Instock)―一流シェフが腕をふるう、廃棄食品レストラン
サークル(CIRCL)―メガバンクによる分解できる建築 ほか)
4 日本の実践(黒川温泉一帯地域サーキュラー・コンポストプロジェクト―「競争」よりも「共創」が支える観光業;Pizza 4P’s―サステナビリティを美味しく学ぶ ほか)
5 日本での展望(過去、現在、そして未来に続く日本のサーキュラーエコノミー;深化のための考え方)

著者等紹介

安居昭博[ヤスイアキヒロ]
1988年生まれ。Circular Initiatives&Partners代表。世界経済ファーラムGlobal Future Council日本代表メンバー。ドイツ・キール大学「Sustainability,Society and the Environment」修士課程卒業。サーキュラーエコノミー研究家/サステナブル・ビジネスアドバイザー/映像クリエイター。オランダと日本の2拠点を活動し、これまでに200社以上の企業や関係省庁、行政機関向けに講習会を実施。50を超える日系企業・自治体に向けアムステルダムで視察イベントを開催。また、「トニーズ・チョコロンリー(Tony’s Chocolonely)」をはじめとするオランダ企業の日本進出プロジェクトにも参画し、日本とヨーロッパ間でのサーキュラーエコノミーの橋渡し役を務める。複数の企業へアドバイザー・外部顧問として参画。「サステナアワード2020」にて「環境省環境経済課長賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

T66

6
「サーキュラーエコノミーとは何ぞや」と読んでみた。そして、とても面白かった。ちょっと古い言葉だと「循環型社会」だと思うのだけど、普通の消費者が関われる、または難しいことを意識しなくても関わっている、そんな「仕組み」になってるのがいいなあと思った。特に「MUD Jeans」は感動的。こんな仕組み、会社、社会があるんだ!オランダすごいな。江戸時代の日本は循環型社会だったと言われていて、現代はなかなか難しいと思うけど、下流でやるから難しくて、上流から変えるのが必要なんだと理解。そのためにはやはり「仕組み」か。2022/08/21

ポン

5
循環型経済、サーキュラーエコノミー。資源を半永久的に活用し続ける。未来のためにも必要な考え方ですね。とても刺激を受けました2023/04/15

なお

4
オランダの事例、ビジネスモデル、サーキュラーエコノミー2022/11/03

ミーコ

4
非常に面白かった。 オランダがこんなにチャレンジ精神旺盛な国だとは知らなかった。 頭を柔らかくして、お互い手を取り合えば、いい未来になる。読んでいて、ワクワクした。、2021/10/25

A

3
サーキュラーエコノミーは、「捨てる」フェーズをなくし、全ての資源を使用し続ける循環型経済モデル。プロフィット、プラネット、ピーポーの三つのPのバランスが取れた経済だ。欧州では環境負荷軽減だけでなく経営にとってプラスになるととらえ進んでいる。本書では先進的なオランダと日本の事例がまとめられている。2023/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17907750
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。