テンポラリーアーキテクチャー - 仮設建築と社会実験

個数:

テンポラリーアーキテクチャー - 仮設建築と社会実験

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月05日 05時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761527624
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C0052

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わらび

2
おもしろい。だけでなく、なるほどと考えさせられる。分野こそ違うが、ものづくりという点においてとても参考になる1冊だった。 2021/06/06

azusan

2
「テンポラリーアーキテクチャー」というコンセプトが面白い。街づくりというと、建物や道路そのものがまだまだ語られがちだけれど、どんな人達が街でなにをするか?で最終的には街は作られるんだよなぁ。サイズ感の異なる街でやってみた面白い試みが沢山あって、楽しく読めた。 本のコンセプト上仕方ないのだけれど、この文脈の公共に、子どもなどのマイノリティが入り込む余地がもっとあるといいなぁと妄想。あれ、でもそれってまさにプレーパークとプレイデイかも。 「マイパブリックとグランドレベル」とあわせて読みたい本。2021/03/16

mondo

1
仮設建築のノウハウについて海外の事例を踏まえながら幅広く解説されている一冊。屋外で展示などを考えている人にはガイドブックとしても利用できると思う。【印象に残った言葉】フィンランドの公衆サウナには、禁止看板がほとんどない。その理由は異なる背景の人が学び合うことで公共空間が醸成される、という考えが人々の中で浸透しているからだ。(中略)利用者自ら場所をつくる行為が公共性や自治について考えるきっかけになっているようだ。2021/05/26

林克也

1
殿橋テラスは行ったなあ。 INN THE PARKに行ってみたい。 森、道、市場、知らなかったなあ。知ってたら行ったのに。 面白いこと、気持ちのいいことを仕掛けるにも、ちゃんと作戦と人と情熱が必要なんだということ。あたりまえだけど。 2021/01/29

阿部

0
「公共R不動産のプロジェクトスタディ」に続くものとして読んだ。こちらに登場する事例のほうが興味を惹かれた。テンポラリーというところで、継続的に運営される場づくり以上に出来事性や実験性が高いからかもしれない。使われる道具や制度の読み解きもゲームの攻略のようで面白いし、社会課題の解決よりもヒューマンスケールに感じられた。自分にとって「やってみたいこと」ってなんだろうと考えるきっかけにもなった。2024/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17045249
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。