ストリートデザイン・マネジメント - 公共空間を活用する制度・組織・プロセス

個数:

ストリートデザイン・マネジメント - 公共空間を活用する制度・組織・プロセス

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 21時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 176p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784761526993
  • NDC分類 518.84
  • Cコード C0052

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yokkoishotaro

1
作った街をどのように運営していくか、いろいろとヒントがあってよかった。さしあたり、ここに出てくるストリートに行きたくなった。2022/07/31

KakeruA

0
法や縦割り組織によってその活用主体がわかりにくい、ストリートデザインについて国内外の事例や制度・手法から読み解く一冊。網羅的なのでこれを手がかりに、地域ごとの具体的なアクションを考えるのが良さそう。2021/01/05

そうき

0
道路における自動車交通以外の活動について、様々な手法による模索の記録。海外の広場や市、雁木、元町商店街などの古典からパークレット・オープンカフェまで並列されていて面白い。最近の例は良さはわかるが規模感に不安があるものも目立つ印象だが、その辺の課題にも若干ふれている。 個人的な関心は制度論にあって、道路構造令の道路区分を交通量以外の観点から見直す、という構想は出発点として印象的。道路は第一義的に自動車交通のためだ、という前提をちゃんと覆してあげないと、どうしても交通を阻害しないことが前提となってしまうので。2020/04/26

しお

0
SSDと一緒で読んでいて何も内容が頭に入って来なかった。このようなまちづくりに関する事例列挙(議論放棄)型の本は、参照する対象を持っていないと楽しみづらいと感じた。つまり何かしらのまちづくりの活動をしないとダメですね。2020/02/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13531595
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。