なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか

個数:

なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 11時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 183p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761526801
  • NDC分類 527
  • Cコード C0052

内容説明

“物件を、物語に”リノベ界の開拓者が初めて語る設計手法。

目次

第1章 僕らとリノベーション(不動産のクリエイティブディレクション;父の貸しビル、社会の貸しビル ほか)
第2章 社会とリノベーション(あえての「中古」、あえての「賃貸」;暮らしを「編集」 ほか)
第3章 ブルースタジオとリノベーション(ブルースタジオの仕事―「モノ」「コト」「時間」のデザイン;renovation case1 その場にあるべき働き方を発明する「ラティス青山」 ほか)
第4章 建築家とリノベーション(建築家の職能の拡張;リノベーションアーキテクト ほか)
interview 建築への能動性を喚起する(聞き手:田中元子)(マイノリティからマジョリティへ;特殊解だけでなく、一般解にもしなければならない ほか)

著者等紹介

大島芳彦[オオシマヨシヒコ]
株式会社ブルースタジオ専務取締役、クリエイティブディレクター。家業である不動産管理会社、大島土地建設株式会社の3代目代表取締役。東京生まれ。2000年より株式会社ブルースタジオにて「Re*innovationリノベーション」を旗印に、遊休資産の再生・価値最大化をテーマとした建築企画・設計、コンサルティング事業を開始。近年では団地再生、中心市街地再生など都市スケールの再生プロジェクトなどにも取り組む。一般社団法人リノベーション協議会理事、副会長。2016年「ホシノタニ団地」グッドデザイン金賞(経済大臣賞)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

カオリ

0
現在、リノベを検討中で、いろんな会社に話を聞いてるところなので、参考に。リノベーションとリフォームの違い、が腹落ち。リノベーションについて考えるのは、暮らし方、ひいては人生の優先度を考えることなのかな。2021/01/17

ttdvl

0
なぜ今リノベーションなのか 現在のニーズからマーケットの動向を読み、それに対応させながらソフトウェアを変えていく。(ハードウェアはそのままで) これが再び革新をもたらすことであり、reformではないrenovationなのだ。 2019/10/07

Hiro

0
リノベーションを得意とする大島さんの初著作。どんな物件においても、住み心地よさ、生活しやすさ、仕事しやすさを追求する方法など盛りだくさんなので、非常に参考になる本。成功者の考え方を学ぶには、身近にいる方なのでとても親近感がわく感想です。2020/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14094919
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。