北欧モダンハウス―建築家が愛した自邸と別荘

個数:

北欧モダンハウス―建築家が愛した自邸と別荘

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 06時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 203p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784761525347
  • NDC分類 527
  • Cコード C0052

内容説明

グンナー・アスプルンド、アルヴァ・アアルト、アルネ・ヤコブセン、ヨーン・ウッツォン…7人の建築家の夢―家族と過ごした時間と空間。

目次

7人の建築家の夢―家族と過ごした時間と空間
1 グンナー・アスプルンド
2 アルヴァ・アアルト
3 アルネ・ヤコブセン
4 モーエンス・ラッセン
5 ヨーン・ウッツォン
6 アルネ・コルスモ
7 スヴェレ・フェーン

著者等紹介

和田菜穂子[ワダナホコ]
1969年新潟県生まれ。東北芸術工科大学准教授、慶應義塾大学非常勤講師。学術博士(ph.D.)。1992年青山学院大学卒業、2006年慶應義塾大学大学院後期博士課程単位取得退学、2006‐2008年デンマーク政府奨学生としてコペンハーゲン大学留学。2009年より現職。大学卒業後、一般企業、黒川紀章建築都市設計事務所に勤務。大学院在学中より神奈川県立近代美術館にて学芸員を兼ね、その後ドイツ・ヴィトラ・デザインミュージアムと共同で「ジャン・プルーヴェ展」、スイス・プロヘルヴェティア文化財団と共同で「スモール&ビューティフル:スイス現代デザイン展」の日本巡回展を手掛ける。建築・デザイン分野でのキュレーションが専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ウメ

4
フィンランドに行くのならばやはりアアルトの作品を見て回るべきか。しかし思ったより彼の作品は私好みではないようで。悩ましいところ。北欧建築ではアスプルンドとヤコブセンが群を抜いて好きなのだと再認識。2017/01/13

figaro

1
アスプルンドからフェーンまで北欧七人の建築家を紹介した本です。現在では世界遺産となっているアスプルンドの「森の教会」には,自然を慈しむ北欧建築の粋がよく表されています。アアールトが祖父から受けた「人間は森なしでは生きてはいけない」という教えと,「いつも心の中でイタリアを旅している」という憧れが,北欧建築家の「夏の家」を十分に語っていると思います。茶室・瑞暉亭(1935)が北欧建築家に与えた影響が,どのような形となって現れたのか,もう少し詳しく知りたいところです。2017/09/28

okalemon12

0
入門書、という印象。モダンハウスの本って感じより、建築家の紹介のほうが近い。感想としては、戦争を含め、建築家は波乱万丈な人生を送っているのだなあと。北欧の各巨匠建築家の概略を知るには十分かと思います(人によって情報量に差はあったが)。表現的には、建築という事物に関する本なので、写真や図面と、文章のレイアウトなどで読みにくいと感じる部分が多々。個人的には図面がもっとほしかった、という感じ。2012/09/03

タカ

0
北欧の建築家は皆人生を謳歌している。短い夏にかけるサマーハウスへの執着、長い冬を快適に過ごす光の取り入れ方にこだわった実験的自邸。 いつかゆっくりこうした建築を見て回りたい。2012/10/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5188983
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。