フライブルクのまちづくり―ソーシャル・エコロジー住宅地ヴォーバン

個数:

フライブルクのまちづくり―ソーシャル・エコロジー住宅地ヴォーバン

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 21時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784761524197
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C0052

内容説明

徹底した省エネと自然エネルギーの利用でエネルギー消費とCO2排出を激減させ、画期的なマイカー抑制策で車のないまちを実現。数々の輝かしい取組みを住民主導で成功に導いた軌跡に迫る。

目次

1 エコロジカルな理想郷への道(兵営地から住宅地への長い道のり;新興住宅地に着手する前に住み始めた人々 ほか)
2 車のないまち(なぜ人は車に依存するようになったのか;カーフリー、カーポートフリー、カーリデュースとは ほか)
3 緑豊かなまち(ドイツにおける自然保護;近自然工法による5つの公園で緑の帯を実現 ほか)
4 エネルギー消費を半減するまち(エネルギーマネジメントの基本的な考え方;ドイツにおける省エネ建築 ほか)
5 住民参加はいかに実現されたか(ドイツにおける住民参加;コーポラティブ方式による共同住宅の建設(建築グループ) ほか)

著者等紹介

村上敦[ムラカミアツシ]
1971年、飛騨高山生まれ。岐阜工業高等専門学校で土木工学を学ぶ。卒業後、ゼネコンの現場監督として首都圏の人工埋立地を担当し、環境破壊の惨状に疑問を感じ、環境首都で有名なドイツ・フライブルク市へ留学。ドイツの環境行政を独学。現在は主夫と兼業で、翻訳・通訳、環境視察のコーディネート、NPOエコロジーオンラインのフライブルク通信員、各種新聞や雑誌に寄稿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Erika Ito

1
レポートの参考資料として触れ、興味を惹かれて最後まで読んでしまった。 日本の民主主義の弱さ、政治の未熟さを痛感した。2012/09/29

Akitsugu Yamada

1
チャリで世界を回るエコロジスト松本英揮さんのお陰でフライブルクにて著者の村上敦さんとお会いする機会が持つ事が出来ました。著者に直接会えると本の中身にぐっと近づくことが出来ます。2012/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/347661

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。