ローカルメディアのつくりかた―人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通

個数:

ローカルメディアのつくりかた―人と地域をつなぐ編集・デザイン・流通

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 11時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 202p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761513627
  • NDC分類 070
  • Cコード C0036

出版社内容情報

お年寄りの愛読紙『みやぎシルバーネット』、食材付き情報誌『東北食べる通信』他、その地に最適な形を編み出し根付く各地の試み地域はローカルメディアの実験場だ。お年寄りが毎月楽しみに待つ『みやぎシルバーネット』、福岡にある宅老所の面白雑誌『ヨレヨレ』、食材付き情報誌『食べる通信』他、その地に最適な形を編み出し根付いてきた各地の試みを3つの視点「観察力×コミュニケーション力」「新しい形×届け方」「地域の人×よそ者」で紹介する

prologue ローカルメディアの現場で起こっていること
■1章 観察力×コミュニケーション力
1 『みやぎシルバーネット』(宮城県仙台市)
  ──お年寄りが表現し、語り合う場所
2 『ヨレヨレ』(福岡県福岡市)
  ──現実を真剣に描くからこそ面白い
考察:時間をかけて見つめることでコミュニケーションが生まれる──無明舎出版、『kalas』

■2章 本・雑誌の新しいかたち×届けかた
1 『食べる通信』(岩手県花巻市)
  ──生産者と消費者の関係を深める食べ物付き情報誌
2 『本と温泉』(兵庫県豊岡市)
  ──“地産地読”という届けかた
考察:その地に最適な形と方法がある──「宿命の交わるところ 秋田の場合」「十和田奥入瀬芸術祭」

■3章 地域の人×よそ者
1 『雲のうえ』(福岡県北九州市)
  ──平凡な場所が素敵に見えてくる
2 『ラコリーナ』(滋賀県近江八幡市)
  ──地元の再発見が愛着と自信を育てる
3 『せとうち暮らし』(香川県高松市)
  ──クリエイターがつながり、応援する人がいて、メディアが成長する
考察:地域の人とよそ者の情熱が広がりを生む──issue+design、「離島経済新聞」

epilogue ローカルメディアはいつも実験場だった
──仙台メディアテーク、谷根千、フリースタイル、TOmagazine、飛騨


影山 裕樹[カゲヤマ ユウキ]
影山裕樹(かげやまゆうき)/編集者、プロジェクト・エディター。1982年、東京生まれ。早稲田大学第二文学部卒業後、雑誌「STUDIO VOICE」編集部を経てフィルムアート社に入社。『ヨーゼフ・ボイス よみがえる革命』『じぶんを切りひらくアート』『横井軍平ゲーム館 RETURNS』などの美術書、カルチャー書を多数手がけた後に独立。2010年に「OFFICE YUKI KAGEYAMA」を立ち上げ、書籍の企画・編集、ウェブサイトや広報誌の編集、展覧会やイベントの企画・ディレクションなど幅広い業務を行っている。プロデュース・編集した書籍に『地域を変えるソフトパワー』『秘密基地の作り方』『大人に質問!』など。近年は「フェスティバル/トーキョー」(12、13)「十和田奥入瀬芸術祭」「札幌国際芸術祭2014」など各地の芸術祭やアートプロジェクトに編集者、ディレクターとして携わる。著書に『大人が作る秘密基地』、共編著に『ゲームの神様・横井軍平のことば』『十和田、奥入瀬 水と土地をめぐる旅』など。「NPO法人芸術公社」設立メンバー/ディレクター。OFFICE YUKI KAGEYAMA

目次

Prologue つながりを生み出すローカルメディア
1 観察力×コミュニケーション力(『みやぎシルバーネット』(宮城県仙台市)―お年寄りが表現し、語り合う場所
『ヨレヨレ』(福岡県福岡市)―現実を真剣に描くからこそ面白い
考察 時間をかけて見つめることでコミュニケーションが生まれる―無明舎出版、『kalas』)
2 本・雑誌の新しいかたち×届けかた(『東北食べる通信』(岩手県花巻市)―生産者と消費者の関係を深める食べ物付き情報誌
本と温泉(兵庫県豊岡市)―“地産地読”という届けかた
考察 その地に最適なかたちと方法がある―「十和田奥入瀬芸術祭」「宿命の交わるところ―秋田の場合」ほか)
3 地域の人×よそ者(『雲のうえ』(福岡県北九州市)―平凡な場所が素敵に見えてくる
『La Collina』(滋賀県近江八幡市)―地元の再発見が愛着と自信を育てる
考察 地域の人とよそ者の情熱が広がりを生む―issue+design、『離島経済新聞』)
Epilogue ローカルメディアはいつも実験場だった―『谷根千』、せんだいメディアテーク、『フリースタイルな僧侶たちのフリーマガジン』『飛騨』『TO magazine』

著者等紹介

影山裕樹[カゲヤマユウキ]
編集者、プロジェクト・エディター。1982年、東京生まれ。早稲田大学第二文学部卒業後、雑誌『STUDIO VOICE』編集部を経てフィルムアート社に入社。美術書、カルチャー書を多数手がけた後に独立。2010年に「OFFICE YUKI KAGEYAMA」を立ち上げ、書籍の企画・編集、ウェブサイトや広報誌の編集、展覧会やイベントの企画・ディレクションなど幅広く活動している。近年は各地の芸術祭やアートプロジェクトに編集者、ディレクターとして携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

R

16
ローカルメディアという、地域に特化した紙媒体、雑誌を作っている会社や組織を紹介した本でした。ネット全盛の今だからこそ紙の雑誌で、年齢の高い人たちには紙媒体で、ローカルに染まったそこだからこそのメディアをどのように作り、動かしているかがかなりの例が紹介されていて面白かった。ある人は、すべてを一人でこなすからなんとか存続できていたり、副業か本業かわからなくなっていたり、どっしりと地域に根ざして企業のCSRとして培われていたりと、様々で勉強になりました。2018/04/25

Nobuko Hashimoto

16
地域に密着した紙媒体のメディアを紹介する本。執筆編集発行に携わる人数や母体などは様々だが、それぞれ興味深い。特に印象に残ったのは「みやぎシルバーネット」。たった一人で20年にわたり発行している月刊紙である。現在の部数は3万6千部。人気コーナーはシルバー川柳で、そこから読者同士の交流も発生しているという。滋賀の誇る老舗菓子屋であるたねやの事例も興味深く読んだ。自社製品の宣伝のためではない、ていねいな誌面作り。たねやが文化事業に力を入れているのは知っていたが、この冊子は見たことがなかった。店頭で見てみよう。2016/06/18

たらちゃん

12
うらやましい。寂しい。こんな居場所をもっていないから。2020/07/22

6
☆☆☆ ローカルメディアの記事の作り方、運営法、デザインの仕方、写真の撮り方などのノウハウ本。幅允孝さんの名前があるのを見てすぐ読んだ。城崎のプロジェクトに関わっていたことは知っていたけれど、それが誰と、どういうキッカケで、何を目的に始まったのか知らなかったし、苦労話や結果まで知れたのが良かった。温泉マークの入ったタオル地の万城目学の本、蟹の殻のような表紙の湊かなえの本、どちらも面白そう。幅さんは最近も神戸のアイセンターでブックディレクターをされていた。身近に幅プロデュースの場所が増えつつあって嬉しい。2018/07/17

ちや

5
沢山事例が紹介されている。2021/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10885821
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。