THE POP-UP PITCH 最もシンプルな心をつかむプレゼン

個数:
電子版価格
¥1,980
  • 電書あり

THE POP-UP PITCH 最もシンプルな心をつかむプレゼン

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月31日 00時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784761276720
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C0030

出版社内容情報

世界の名だたるクリエイターがこぞって絶賛するポップアップピッチとは!?
ダニエル・ピンク( NYT ベストセラー著者)
「説得力のあるストーリーテリングの核となる要素を発掘し、1つのシンプルな道筋にまとめた優れた本だ。このアプローチに従えば、すべてに意味を持たせることができるだろう」
エド・キャットマル(ピクサー・アニメーション・スタジオの共同設立者)
「ストーリーボードは、解決すべき問題を視覚的に考えるための効果的なツールであると同時に、アイデアを初めて見る人にプレゼンするための優れたツールでもある。本書の視覚的思考とプレゼンの技術は、誰もが身につけるべき最強のクリエイティブツールだ」
トム・ケリー( IDEO社パートナー)
「世界がより複雑になっていくなかで、本書が提供するのはシンプルさだ。効果的なストーリーテリングを実現するための10 のステップは、あらゆる人がマスターする価値がある」
ポップアップピッチは誰もが簡単にできる最強のプレゼン手法!
ポップアップピッチはシンプルなので、時間に追われている聞き手の関心をつかむのにちょうどいいレベルの難度になる。「スケッチ」と「ストーリー」2つの素材を組み合わせてつくのが、ポップアップピッチのメソッド。2つの素材を組み合わせたら、10 ページで構成されたピッチが完成し、説得力あるストーリーとなる。これこそ、世界が認めたプレゼン手法!
ハリウッド流の10ページピッチを「2時間」作成し、「7分」で聞き手をストーリーに巻き込んで心を動かす!

内容説明

この本では、自分が描いた「スケッチ」とストーリーを構築する「フォーマット」を組み合わせる。するとたった2時間で、10ページで構成されたピッチが完成し、7分ほどの説得力のあるストーリーとなる。それが「ポップアップピッチ」メソッドのすべてだ。

目次

1時間目 シンプルな絵で下準備をする(ビジュアル・デコーダーを使って自分の思考を可視化する;ビジュアル・デコーダーを作成しあなたが描いた絵に語らせよう;休憩して描いた絵をしばし寝かせよう)
2時間目 10ページピッチをつくる(10ページピッチを理解しストーリーを語る準備をする;10ページピッチを1ページずつ作成する;ポップアップピッチを使ってプレゼンする個人、中小企業、世界的企業の例;一世一代のプレゼンになるよう十分な準備で磨きをかける)

著者等紹介

ローム,ダン[ローム,ダン] [Roam,Dan]
明確な思考、ビジュアルストーリーテリング、説得力のあるコミュニケーションに関する4冊の世界的ベストセラーを持つ。多くの企業のリーダーが、ビジュアルシンキングによって複雑な問題を解決するのにそれらの著書を役立てていて、その活動はCNN、MSNBC、ABCニュース、Foxニュース、NPRなどで紹介されている。2012年、ナプキン・アカデミーを立ち上げ、世界43カ国から2万人以上の有料会員が集まって学んでいる

花塚恵[ハナツカメグミ]
翻訳家。福井県福井市生まれ。英国サリー大学卒業。英国講師、企業内翻訳者を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

てってけてー

6
最もシンプルなプレゼンの方法が載っている。まずはビジュアルデコーダーを紙にて作成し、ストーリー構成は10ページ、その10ページを作っていく。その内容も決まっており、明確、信頼、不安、希望、厳しい現実、ワクワク感、勇気、決意、報酬、本心からの願望の10ページで最終ポジティブな結末であるストーリーが重要。この心に響くストーリーを話す必要がある。また、プレゼンで1番重要なのはプレゼンの回数を重ねることであると言う。その通り。練習を重ねることが一番プレゼンが上手くなる方法だと思う。2023/07/17

Koki Miyachi

3
言いたいことは分からないでもないが、実際にそう上手く行くとは到底思えない安易な考え方だと思う。そんな方法論なんかより、中身がいかに優れているかが重要なはず。プレゼン方法が成否を決定づけるという考えは幻想だ。解説も冗長で説得力に乏しい。2023/07/17

たかしぃ

0
プレゼンをする(ストーリーや資料の作り方)をまとめた一冊。人に伝える機会が多く、相手に刺さるような内容にしたい人へ。2023/12/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21226840
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。