本当に大切な君だから

個数:
電子版価格
¥1,870
  • 電書あり

本当に大切な君だから

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月16日 18時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 400p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784761275884
  • NDC分類 929.14
  • Cコード C0098

出版社内容情報

★韓国で国民エッセイと呼ばれた50万部の大ベストセラー!!
★SHINeeオニュ、NCTテヨン、ジェノ、
NU‘ESTミンヒョン、レン、JR、
Stray Kidsヒョンジン、スンミン、I.N、
SF9ジュホ、元IZ*ONEキム・ミンジュ、
俳優ナム・ジュヒョクなどの韓国スターが読んだとされる
SNSで話題の書、待望の日本語訳

「ぼくたちの大切なものを
この世の中から守っていこう。
この世に奪われてしまった
ぼくらの大切なものを再び取り戻そう。
そして、幸せになろう。
ぼくたち、絶対に大丈夫だよ」

内容説明

愛と別れ、人間関係、仕事、夢、劣等感…私らしくいるために、一歩踏み出すために、自尊心を取り戻そう。SNSで話題の人気作家、渾身の一作。

目次

1 きみへのなぐさめ(苦しみがぼくに教えてくれたこと;今、つらい旅路を歩いているきみへ;どうせなら笑って生きよう ほか)
2 愛を語る(愛は真心を注ぐもの;きみのロマンをちゃんと守ってる?;そんな愛 ほか)
3 悩むきみへ(恋に悩むとき;別れ、その後;劣等感に悩むとき ほか)

著者等紹介

キムジフン[キムジフン]
人々の幸せのために文章を綴る作家。長い苦しみの末に幸せを見つけ、周りの人々にも幸せになってほしいという思いから執筆をはじめた。書き溜めたものが多くの人に支持されるようになり、作家としての活動の支えとなっている。癒やしを求める人々に心を寄せたフェイスブック「真心の花一輪」とインスタグラムに文章を投稿している。著書『本当に大切な君だから』は韓国で50万部のベストセラーとなった

呉永雅[オヨンア]
翻訳家。在日コリアン3世。慶應義塾大学卒業。梨花女子大通訳翻訳大学院修士課程卒業、同院博士課程修了。2007年に第7回韓国文学翻訳新人賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Rinarnation

0
なんて言うか、眩しい。眩しくて文章に手をかざして片目でしかみられないような。 良くも悪くもポジティブな言葉が並び過ぎてて、逆に薄っぺらい。 素直にスッと心に入ってこないのは、酸いも甘いも知り過ぎたから?ティーンエイジャー向けかなと途中から思って読んでいました。私には眩し過ぎた。 くどくてうんざりするくらい、「大丈夫、大丈夫だよ」と励ましてもらえます。心の処方箋が欲しい方は是非。2022/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19160155
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。