「先見力」の授業―AI時代を勝ち抜く頭の使い方

個数:
電子版価格 ¥1,512
  • 電書あり

「先見力」の授業―AI時代を勝ち抜く頭の使い方

  • ウェブストアに16冊在庫がございます。(2019年02月17日 16時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761273224
  • NDC分類 304
  • Cコード C0030

内容説明

メディアや知識人の「ウソ」を見抜き、一人勝ちする方法を筑波大学の先生が教えます。

目次

第1章 疑うクセを身につけよう―一見説得力のある議論の落とし穴
第2章 「本当に合理的か?」と考えよう―広告に紛れ込む「危ない企業」を見抜く
第3章 難しく見えるものこそ、学校で習った知識が役立つ―「値下がりする株」は予測できる
第4章 集団が騙されるポイントを知ろう―「研究不正」を見破り、儲けのチャンスに変える
第5章 「不変量」で必ず失敗するものを先読みする―東芝とシャープの凋落は予測できた
第6章 目先の利益・きれいごとの幻惑に克つ―後悔しないための「職場・職業選び」
第7章 タブーに切り込んで、隠れた需要を見つけよう―外科医不足、高齢出産、NHK受信料…チャンスは至る所にある

著者等紹介

掛谷英紀[カケヤヒデキ]
筑波大学システム情報系准教授。「先見力」研究の先駆者。1970年大阪府生まれ。1993年、東京大学理学部生物化学科卒業。1998年、東京大学大学院工学系研究科先端学際工学専攻博士課程修了。博士(工学)。通信総合研究所(現・情報通信研究機構)研究員を経て、現職。専門はメディア工学。NPO法人「言論責任保証協会」代表を務め、これまにでも「先見力検定」や「高校生先見力懸賞論文」などを実施、先見力のある人材を見分ける方法について研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件