仕事ってこういうことだったのか―先輩たちが教えてくれたこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761266691
  • NDC分類 159
  • Cコード C0034

出版社内容情報

現在、各界をリードする17名が、
まだ20代だったころ・・
何を考え、
何につまずき、
どんなふうに
決断をしてきたのか。

今春、大学を卒業する学生たちがインタビュー。

なりたい自分になるための20代の過ごし方、
仕事の極め方、生き抜くヒントを
17名の人生のストーリーにのせて贈る。

○漆紫穂子(品川女子学院 校長)
○木山啓子(JEN事務局長)
○熊谷正寿(GMOインターネット会長)
○古在豊樹(環境物理学者)
○子安美知子(ドイツ文学者)
○櫻井よしこ(フリージャーナリスト)
○澤田秀雄(HIS 会長)
○島田精一(住宅金融支援機構 理事長)
○高野登(リッツカールトンホテル前日本支社長)
○堤幸彦(演出家・映画監督)
○南部靖之(パソナグループ代表)
○浜口隆則(ビジネスバンク社長)
○原田泳幸(日本マクドナルド会長)
○平澤創(フェイス代表取締役社長)
○松田公太(タリーズコーヒージャパン)
○村尾隆介(スターブランド共同経営者)
○吉川美代子(TBSアナウンサー)

解説 松永澄夫(東京大学大学院 教授)

内容説明

飲食業界、旅行業界、ホテル業界、映画業界、人材業界、IT業界、起業支援、金融業界、マスコミ業界、文学界、教育界、国際支援…各界の最前線を行く17名がまだ20代だったころ…どんな夢を持ち、何を考え、何につまずき、どのように決断をしてきたのか。そしていま、本書のインタビューで、20代の人たちに語ってくれた仕事の極め方とは?生き抜くヒントとは。

目次

漆紫穂子さん(品川女子学院校長)
木山啓子さん(JEN事務局長)
熊谷正寿さん(GMOインターネット会長兼社長・グループ代表)
古在豊樹さん(千葉大学前学長)
子安美知子さん(早稲田大学名誉教授)
櫻井よしこさん(ジャーナリスト/JINF理事長)
澤田秀雄さん(HIS会長)
島田精一さん(住宅金融支援機構理事長)
高野登さん(ザ・リッツ・カールトンホテル前日本支社長)
堤幸彦さん(映画監督/演出家)
南部靖之さん(パソナグループ代表)
浜口隆則さん(ビジネスバンク社長)
村尾隆介さん(スターブランド共同経営者)
原田泳幸さん(日本マクドナルド会長兼社長兼CEO)
平澤創さん(フェイス社長)
松田公太さん(タリーズコーヒーインターナショナルファウンダー)
吉川美代子さん(TBSアナウンサー)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

B.J.

18
<凝縮>17人の人生の先輩からのアドバイス。それぞれの方が、一冊の本が書けるくらいの人生経験をされています。それが、各数ページでアドバイスがあるため、中身が濃い! 又、色々な業界からのメッセージであることもうれしい。2014/02/05

1
大学生のときにもこういうたぐいの本はそこそこ読んだけど、実際に社会人になった今の方が実感を持っていろんなことを考えられるような気がした。2015/01/29

ア→ル

1
やっぱり、社会人になる前の大学生の時点で目標を持つことの重要性を感じることができました。目標を持つことによって、社会人の忙しい生活になっても、頑張っていけるのだと思います。2012/03/15

ゆーき

1
様々な業種・職種で活躍している人たちの「働くこと」に対する考えをまとめた本。就活生・若手社員向けのビジネス書的なニュアンスが強い。ただし、企業のトップの人間のみならず幅広い分野の著名人にインタビューを行っているので、それぞれの仕事に対する考えが時には正反対なこともあり面白い。個人的には「若いうちは目の前の仕事をがむしゃらにやれ。それが後で力となる」という主旨のメッセージが多いように思えた。2012/01/23

seminoles

1
いろんな人の話が聞けて良かった。2012/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/350136

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。