スラスラ話せる敬語入門―すぐに使える、一目でわかる

個数:

スラスラ話せる敬語入門―すぐに使える、一目でわかる

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月28日 06時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 219p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784761263904
  • NDC分類 336.47
  • Cコード C0030

目次

1 基本の敬語をマスターしよう(あいさつ―明るく元気なあいさつで、あなたの印象はグンとアップ!;お礼とおわび―お礼とおわびの気持ちをきちんと言える人は信頼される ほか)
2 状況・シーン別敬語(自己紹介で使う敬語―自己紹介で、「デキる人!」と思わせるコツ;名刺交換で使う敬語―名刺は社会人の顔と心得る ほか)
3 電話の敬語―ビジネスからクレーム応対まで(電話を受ける―電話応対で敬語に自信をつけよう!;電話をかける―電話をかけるとき、これだけ知っていれば安心です! ほか)
4 お付き合いの敬語(結婚のお祝いの敬語―お祝いの席では、あなたも注目されている!;お悔やみの席の敬語―故人への哀悼の意を示すのがなにより大切 ほか)
5 ビジネス文書・FAX・メール・手紙の敬語(ビジネス文書の敬語―ビジネス文書は形に慣れよう!;FAXの敬語―FAXは受け手のことを考えて! ほか)

著者等紹介

渡辺由佳[ワタナベユカ]
1964年、東京都出身。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。テレビ朝日にアナウンサーとして入社。「こんにちは2時」「ザ・ニュースキャスター」など、報道から社会情報番組まで多数の人気番組を担当。1993年に同局を退社後、フリーアナウンサー、話し方講師としての活動をはじめる。シェリロゼをはじめとするマナースクールやテレビ朝日アナウンサースクールなどで話し方講座を担当するほか、大学や企業でも講師として活躍。丁寧でわかりやすい教え方に定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユーユーテイン

17
図書館の就活本コーナーで見つけた。敬語を使うべき場面と、敬語の語彙をセットで覚えられる本があるといいな、と思っていたが、この本はぴったりだった。タイトルに「スラスラ話せる」とあるように、状況に応じた敬語表現を簡単に探せ、そのまま口にすれば対応できる、実践的な敬語のせりふ集となっている。中でも電話の敬語が充実しており、いかにもありそうなケースが並んでいる。これで電話に出るのが怖くなくなりそうだ。この本の敬語を覚えておけば、仕事の効率も上がるだろう。手元に置いて少しずつ覚え、サラリと使えるようになりたい。2014/06/29

paseri

7
改めて正しい敬語を身に付けたいと思い読了。敬語の使い方だけでなく、社会人としてのマナーについても網羅されていて、非常に勉強になります。分かりやすく、そして読みやすいです。社会人なりたての方、もう一度敬語を学び直したいと思った方、是非手に取って読んでみて下さい。2017/05/22

アッシュ

4
いつの間にか正しく使っている敬語もあれば、間違って使っていた敬語もあり、再認識できて良かった。覚えた敬語を早速実践で使ってみたところ、ちょっと自信がついて話しやすくなりました。2011/11/23

小百合

3
わかりやくて、読みやすく、凄くためになった。2014/02/01

kenkou51

3
かなり役立っています。目上の人と話すとき以外にも何か簡単な文章をつけて渡さないといけないときにも使えます。2013/06/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6121

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。