感覚統合の発達と支援―子どもの隠れたつまずきを理解する

個数:
  • ポイントキャンペーン

感覚統合の発達と支援―子どもの隠れたつまずきを理解する

  • ウェブストアに15冊在庫がございます。(2021年09月23日 08時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 327p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784760824311
  • NDC分類 493.937
  • Cコード C3011

内容説明

「子どもの学習が遅かったり、好ましくない行動をしたりするのは、脳内の感覚統合がうまくいっていないことが原因であることが多い」子どもの感覚統合の問題に気づき、発達を支えるために、保護者が知っておきたいこと―感覚統合理論の提唱者、エアーズ博士の歴史的名著が25周年記念改訂版としてリニューアル!

目次

第1部 感覚統合と脳(感覚統合とは何か―概念の紹介;感覚統合はどのように発達するか―乳児期から小児期中期まで;身体の中の神経系―脳の働きと感覚の重要性を理解する)
第2部 感覚統合機能不全(感覚統合機能不全とは何か―症状・原因・程度;前庭系にかかわる障害―動きの感覚が各種スキルの発達に及ぼす影響;発達性失行症(行為機能不全)―新しい運動スキルの学習過程と、その学習が困難な子どもがいる理由
触覚防衛―触覚が他の人より敏感な子どもがいる理由
視知覚と聴覚言語の障害―視知覚・聴知覚と学習や言語との関係
自閉症を抱える子ども―自閉症に伴う感覚統合上の特別なニーズと課題を理解する)
第3部 問題への対処法(評価と介入―感覚統合アプローチを用いたセラピーにはどのような効果があるか;保護者にできること―感覚統合機能不全の子どもを支援するために)

著者等紹介

エアーズ,A.ジーン[エアーズ,A.ジーン] [Ayres,A.Jean]
博士。作業療法士、米国作業療法協会フェロー

岩永竜一郎[イワナガリョウイチロウ]
1968年1月21日生まれ。長崎大学生命医科学域教授。長崎大学子どもの心の医療・教育センター副センター長。長崎大学大学院医歯薬学総合研究科(博士課程)修了。医学博士。認定作業療法士、感覚統合認定講師、特別支援教育士スーパーバイザー、自閉症スペクトラム支援士エキスパート(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。