BTSを読む―なぜ世界を夢中にさせるのか

個数:
電子版価格
¥2,200
  • 電書あり

BTSを読む―なぜ世界を夢中にさせるのか

  • 提携先に11冊在庫がございます。(2024年05月20日 14時39分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 300p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784760152193
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0098

内容説明

デビューから世界的人気を得るまでを明らかに。ミックステープを含む楽曲を徹底レビュー。各界の専門家が語る「BTS現象」の舞台裏。アメリカでのBTS人気の秘密を完全解説。

目次

第1章 ヒップホップアイドルBTS(「KCON2014」で見たもの;K‐POPアイドルの進化;ヒップホップジャーナリストキム・ボンヒョン 過小評価されたラッパー、BTS ほか)
第2章 K‐POPの新たなモデルBTS(「戦略なき戦略」の真相;作曲家ブラザー・スー アイドルを超え、ミュージシャンへ;『花様年華pt.1』 ほか)
第3章 地上最高のポップグループBTS(ARMYが開いたK‐POP談論;韓国大衆音楽賞(KMA)選定委員長キム・チャンナム教授 韓国ポピュラー音楽界の視点
BTSはアメリカで本当に人気があるのか? ほか)

著者等紹介

キムヨンデ[キムヨンデ]
音楽評論家で文化研究者。韓国大衆音楽賞選定委員。延世大学経営学科卒業、アメリカ・ワシントン大学音楽学博士課程修了。ソウルで生まれ、2007年からアメリカ・シアトルに住み、10年以上アメリカにおけるポップミュージックのマーケットとK‐POPの動向を観察し、研究している。近年は『ハンギョレ新聞』など韓国メディアと、『New York Magazine‐Vulture』『MTV』などの外国メディアに音楽評論を寄稿し、2017年にYouTubeチャンネルを開設

桑畑優香[クワハタユカ]
翻訳家、ライター。早稲田大学第一文学部卒業。延世大学語学堂・ソウル大学政治学科で学ぶ。「ニュースステーション」ディレクターを経てフリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ

72
BTSはK-POPで2012年PSY「江南スタイル」以来、ビルボード入りだけではなく、グラミー賞にノミネートされるまでになる。この本では社会現象となるBTSのアメリカでの成功をあくまで楽曲の変遷と解説で辿る。背景にはファンダム「ARMY」の活躍や、ソーシャルメディアの普及などあるが、今までのアイドルと違い、自ら考え自分を表現したミュージシャンであり、歌詞にストーリーがあることだと述べている。2020年8月Dynamite・11月Life Goes Onを発表した。う~ん、そこまでの良さはわからずに読了。2021/01/15

mikarin

28
約1年前に沼落ちしてからずっと今を追いかけるのと同時に過去から現在までを辿ってきた。曲を聴き動画を観てインタビューや本を読んだ。こんなに熱心に何をやってるんだろうと疑問に思ったこともあるけど止められなかった。この感じ何かに似てると思ったらアレだ、10年続いてる世界的に有名なシリーズものの小説をついうっかり手に取って読み始めたら止まらなくなり一気読みした感じ。やっと追いついて新作を待ってる感じ。でもまだ全部理解できてなくて何度も読み返してしまう。これは世界を夢中にさせてる物語なんだ。まだ全然熱が冷めないよ。2022/05/30

Emkay

14
BTSのポップス史における意義や、全米ブレイク直後に至るまでの全アルバム+収録曲の紹介・解説を大真面目に綴ったもの。MVや振り付け、アイドル的側面に関する記述を極力抑え、作詞・楽曲面の解説に特化している点が大変読み応えがある。学校三部作~青春三部作のころはあまり知らなかったが、あまりにも著者が絶賛する曲はついついYouTubeで聞いてしまった。デビュー当時からヒップホップ色が強かったこと、歌詞にメッセージ性が強いことには気づかざるを得ないし、時系列に曲を聴いていくとその試行錯誤と成長を感じ取れて面白い。2022/07/15

二人娘の父

9
今となっては驚いてしまうが、彼ら(BTS)の存在は、当初国内での評価が低く、海外、特にアメリカでの支持を中心に、いわば逆輸入の形で韓国内にその人気が伝わってきたという経過に、彼らの本質の一端が現れている。彼らを評価する側の最大の矛盾は「ポップス」と「ヒップホップ」という相反するジャンルを併せ持つ彼らへの評価である。黒人音楽として、社会の矛盾や人間の内面について率直な表現を行うヒップホップ。それをルーツに持つBTSというグループについての理解を深める上で、非常に興味深く、参考になる評論であった。2021/12/26

Timothy

6
新刊『Beyond the Story』と並行読み。新刊がチームを取り巻く状況を語る中でその結実である音楽に言及するのに対し、本書は音楽評論家によるアルバム批評本のため、二つの異なる側面から歴代楽曲を眺める事ができてよかった。原書は2019年春の刊行なので、世界(特に米国市場)におけるBTS受容をコラムのテーマに掲げる本でありながら、タイムラインがLove Yourselfで終わってしまう。国際性の点ではその後の印象が強すぎて過小評価されがちだが、当時から既にかなりの勢いだったのだ。2023/07/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15114571
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。