横溝正史ミステリ短篇コレクション<br> 殺人暦―横溝正史ミステリ短篇コレクション〈5〉

個数:

横溝正史ミステリ短篇コレクション
殺人暦―横溝正史ミステリ短篇コレクション〈5〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 15時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 429p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784760149087
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

怪奇な殺人予告!隠された驚愕の真相とは?

著者等紹介

横溝正史[ヨコミゾセイシ]
1902(明治35)年生まれ、1981(昭和56)年没。大正期より執筆活動を始め、伝説の雑誌「新青年」編集長として江戸川乱歩に名作『陰獣』を発表させるなど編集者としても活躍。戦後まもなく『本陣殺人事件』『蝶々殺人事件』という傑作長篇を発表、前者で第1回探偵作家クラブ賞(現・日本推理作家協会賞)を受賞する。以後『八つ墓村』『犬神家の一族』など名探偵・金田一耕助を主人公とする名作群で、探偵小説界の第一人者としての地位を不動のものに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HANA

56
著者の非名探偵作品を収録したシリーズ五冊目。本書では主に戦前の作品が収められており、そのためかキネマ等のモダンなものを題材にした作品が多い。同時に戦後の論理で構築された本格物とは違い冒険小説の片鱗を覗かせる作品も数多く、当時の探偵小説の空気を随所に感じられる部分も。表題作は特にそれが顕著でスリラーとしては一級品だけど、探偵役特にいらないような…。著者後期を代表する「女王蜂」と同題の作品もあるが、読み比べるとやはりそれを感じて驚かされる。戦後の本格が好きだけど、これはこれで時代の空気が感じられて面白いが。2019/09/28

keroppi

55
この巻には、女優や監督等、映画関係を題材としたものがいくつかある。書かれた当時、きらびやかな銀幕、華やかなキネマの時代だったのだろう。巻末のエッセイでは、横溝さん自身が夢中になった映画のことや、金田一シリーズと西部劇について書かれていて興味深い。横溝ブームのきっかけも、角川映画だったし、何かと映画と縁のある作家だったのだなと思った。2018/06/28

ぐうぐう

23
『横溝正史ミステリ短篇コレクション』第5巻は昭和初期に発表された作品が収録されている。「芙蓉屋敷の秘密」は長篇と言ってもいい長さのミステリだが、連載時には犯人当ての懸賞企画として発表されている。横溝の初期作品には、犯人当ての趣向のものがいくつか見られるが、これはまだ日本の推理小説が成熟していない時代だったことを逆に告げてもいるのだ。つまりそれは、クイズ的、パズル的な楽しさの範疇に推理小説が収まっていたことを意味している。とはいえ、そんな範疇の中でも、横溝の作品はこだわりを感じさせはする。(つづく)2018/06/20

まさ☆( ^ω^ )♬

11
横溝正史ミステリ短篇コレクションも第5弾まで来てしまいました。ちょっとずつ読んでますが、読み終えてしまうのが勿体無いと思うくらい楽しんでます。色々とツッコミどころもありますが、昭和2年〜7年にかけての発表作品という事で、こんな昔の作品が今でも面白く読めるってのは凄い事だと思います。さて、いよいよ次の第6弾で最終巻。ジックリ味わって読みたいと思います。2021/08/15

山猫

8
表紙が際どいが、かなりえげつない作品が増えた時期にさしかかってきていたことを思い合わせると、とても偶然とは思えず………2018/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12805949
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。